×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハジケロ〜♪

ケロケロ〜♪(爆)




GReeeeN 「HIGH G.K L●W〜 ハジケロ〜」是非聴いてミティね♪♪
2008/10/12 12:39(←僅か21分前に合流 笑)
おぎ監督と白顔さん!! おぎ監督の髪型、何か気合いスゲー!!!(爆)

しかも おぎ監督は1週間前にも斑尾に出ていて、さらに凄い事に
2年連続で申し込み超気合いが入ってる人」として何か賞を受賞(笑)

しかし斑尾もトレイルレースなのに 2週連続出場とは!

そして白顔さんが手にしているのは新しいアレです!
すでに数度マイナーチェンジしています(笑)

どこが違うかというと、両面印刷になり ウラには 私がたまたま昨年の忘年会で
白顔さんの手帳に書いた言葉と絵をそのまんま印刷(忘年会ゆえ手元が… 笑)

()パラダイス企画「社員証と書いてあるのです!
エンジェル!!! たーこさんのイメージにピッタリ☆
白顔さんはいっぱい考えてワクワクしながら作ってきたんだって!

がっ(笑)


肝心の「たーこ」さんが 見当たらないあひ〜 笑)
もうすでに20分前なので合流できる可能性は少ないかも。

白顔さんは結構早めに会場にいたんだけど
この時刻まで「たーこ」さんには会えなかったみたい。


あ、「ぱらだいすきかく」の その下の部分には
それぞれ メンバーによって1つ1つ違う「英語」が刻印されているんだよ!


2回目 笑)、
(笑)
黒顔さんと(爆)


ってか
一応「
ネタへの登場」では 白顔さん超ぉ久しビリだよね!!


さらに・・・
(爆)

りんごちゃん登場(笑)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜


              
 by inox(何かカッケー!!  笑)


考えられるアイデアを全て詰め込んだinox 至上最強豪華版完成

名前は「Isabelle」重量300g そしてinox 仕様!!!

誕生日:2008/10/10(金)  なので本日、生後僅か日目(バブー!!!  爆)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そして、それを遠巻きに見つめる学生が…
おやつ300円までだぉ♪」(遠足? 笑)


〜持ち物〜
ビニールふろしき(笑)
おやつ300円以内(
ゼリービーンズ数個 アルフォート ぬ〜ぼ〜 霧の浮き船 爆)
水筒・しおり・お弁当・懐中電灯(笑) パジャマ(
ぉ邪魔 笑)
アイーン



しかも…
母さんです。」(親子遠足? 爆)



さらに…
姉さんです。」(何とプロゴルファー 爆)

※チーム名は【(鏑)パラダイス企画 人ハンター放出中(曖昧 笑)】 です(笑)

なのに最初っから3名ともコンセプト無視(爆)



ん〜、こうやって見ると ぉ母さんに「」が足りないぉ。

なので…
           「この娘、イタズラが過ぎるわっ!!」() これで(爆)

そして姉さんも 母さんに早速
アイアンストックじゃないのよ!()」と される(笑)
ガサゴソ…
inox、あさり杉(爆)

メパンナちゃんの秘密アイテムを手にとってかなり興味津々

これは実はのツアー会場で販売されてるペンライト(ライブか 爆)

いや、本当にライブなんです(? 笑)

この日の夜、実は本当に台湾でライブなので

現地時刻の19:30
からアンコールまで
振りかざして応援するつもりなんだって!!(見えないし聴こえないぉ 爆)

※あ、ぉ姉さんの荷物を持ってるのは「父さん」です(爆) アルさんだぉ!!

さらに…
?(笑) ってか地味なのに超ド派手(爆)

しかも世にもしい平面ミツバチTシャツ(笑)

多分トレ中に小石につまづいて倒れた時
張り付いたらしいど根性ガエル神秘酷似 爆)
そして我らがボス蚊取線香

がっ…

一生懸命派手なのを着てきたつもりだったが、

 新人ハチあんちゃん負けてるよおぃ・・・」(笑)



※inox、まだ食いついている(笑)


まあ そんなこんなでまったりしてたら・・・
12:57

ふお〜!! 何か気がついたらもう3分前で しかも
今年はステージネタが1つも拾えなかった〜いいの? 笑)



しかしどうですかお客さん!!この青空!!!


しかもいくらいの眩しい日差しが降り注いでいるの!

晴れた!嬉しい!!


がっ・・
12:59

アブナーイ!!(即ターイホ 爆)

しかも地味なのに派手な人、 背中にもハチ…(転び杉 爆)

午後1時、
「ぷあ〜ん」という合図でスタート!!!(&拍手!!)

最初はあまり動かないので全然動けましぇん〜。
ゆっくり、ゆっくりと進んでいきます!

ゲートをくぐって十数メートルでやっとジョギングっぽくなる感じ♪


んで、最初の交差点に出る前のあの路上で 沿道から いきなり
                ガンバー!!!    ありがちょ〜
えくんちょ頑張れー!」と ものすげえ大きな声が飛んだんです!

まだ全然序盤で混雑してるのに、誰か気が付いてくれた…しかったな♪

この声援のおかげでむちゃくちゃ気合いが入ったんです(笑)
13:06

川フォー!!



がっ(笑)

この橋の手前で 早くも左足の靴ヒモほどけてしまったあひ〜 笑)

即行邪魔にならない場所によけて、靴ヒモを結び直しますた!


んで1分後、前方を走る白顔さんが!  でも・・・

実は今回、白顔さんは数週間前に練習で転倒して とある部分を
怪我してしまったのです。二か所怪我をされてますが、一か所は大怪我です。

怪我をされてスグに むちゃくちゃ痛々しいメールをもらって
マジ即行返事を返したりして、すっごく心配になったし、

今日の日まで何度もメッセージのやりとりをして、

「出場できるのか? 」は、大会を目前にしているのだから 当たり前ですが、

出場までに怪我が回復するのかの不安や「その他の気持ちの問題」で
相当辛そうな部分が何度も文面から見て取れたんです。

でもそれでも何故か前半っこむ」とかメッセージが来たので
今、それは違う。」というメッセージをしました。

受け取ったメールの文章を読むと  つっこむ理由ここでは書きません
今の白顔さんの「自分の現状を把握」したものでは決してなかったからです。

そして今日・・
※白顔さんは2006年は17時間でゴールされています。昨年は出られなかったので
 今年は
早くから練習を重ねて記録更新(16時間を切って15時間台)を狙っていました。

白顔さんは本来、この前半の部分で私と会うような人じゃないんです。
不安を抱える左足の為にシングルストックを用意。バックパックも大きめ。

ストックを普段使った事もない事を知ってたし バックパックが全然違う事から、

今回は決して「自分の思い描いていた姿ではない」だろうけど
このレースにかけてきた情熱ひしひしと感じましたし、

メッセージをキチンと受け止めてくれた事、
前を行く白顔さんの背中から伝わってきました。ありがとう!!

←「完全な状態ではないので 今回は24時間完歩のつもりで頑張ってみる
       (この画像から私には そのように強く伝わってくるんです!)
                             頑張るぞ〜
皆 70km以上も先にある同じゴールを目指して頑張って走っています

えくんちょも頑張らなくちゃです!!! 行くぜ〜〜〜!!!
13:07

お囃子〜!このカーブは毎年 それはそれは華やかしい場所ですが
直後っから登り坂あひ〜なります(笑)


       
        ↑ これは えくんちょの体が
 バラバラ滅びそうになっていたという伝説の1時間20分前壮絶杉 笑)
13:08

昨年も控え室や、
三頭山の上りで会いしたどこぞのさん登場!!


あの頃Mさんと私
とにかく大変だった
何が? 笑)
※これはいづれ・・・(また? 笑)

そしてこの登りの途中に えくんちょが1146分まで滞在していた、
             
広徳寺
があります(笑) んで、この時 隣にいた人(多分白顔さんかな?)
「私、ここ(車を)停めたんですよ!」と言って「」とか言って爆笑してて、

左にカーブしていったら そのカーブの沿道の方から、

「えくんちょさん、頑張って〜!」と声が飛んだので 顔を慌てて上げたら・・
               

何と「出場してるハズ」の・・・さんでした。

とてもとてもいたけれど まさかの「応援」すっごくしかった・・・
本当にありがちょ♪


そして 恒例の…
13:14

ライブ会場(爆)


で、この熱気ムソムソな会場を抜けると・・
13:26 

変電所ゾーン!! 何度見てもこの変電所は広大

もっとゆっくり「クルクルパスタソーメン」を見たいけれど
今は とても見れる状態ではありましぇんあひ〜 笑)
13:28

しかも 一生懸命に話しかけるボンバ家半分無視してしまう(あひ〜 爆)

頑張り杉てしまい最初聞き取れず本当ごめんね。

でもボンバ家さんのお約束笑顔元気が出ました!!



しかしスタートしてもう30分も経つのです。

そろそろ疲れてきました(早っ 爆)
13:29

?(ってかとうとう出た〜 笑)

仲間であり大切なぉ友達です♪「ほえる」ちゃん!!


ほえるちゃんも実に順調に飛ばしています♪



しかし・・・変電所の下りが終わって
この○熊神社までのゆるやかな登り坂のロード、

すでに苦しい(笑) なのに・・・
13:34 (2006年13:30  2007年 13:27)

この鳥居をくぐると

もっと苦しい」のですからまりましぇんあひ〜 笑)





この後のルート、根っこスゲーだったり、

石段の幅が、
             ぉ疲れちゃ〜ん♪(笑) ふぞろいのりんごだったりしてものすげえ疲れます(爆)


苦しむ事 約20分…
13:52

これは一瞬広場みたいになるところです(トイレあり)

この景色を是非とも この目に焼き付けましょう!!!

ここ以外に日中に開けた箇所を目に出来る箇所は

もう一つもなく、ポクらが再びこんな景色に出会ええるのは、

間違いなく次の日ですから(爆)

この先に「今熊神社」があるので 約5kmに約50分ちょっと掛かる感じかな。
13:55

細いトレイルが連続するので
今年は この段階で小さな渋滞がところどころで発生していたかな。

完全に止まって、でも少しずつ すぐに動き出します!




なので、


13:56

紅鮭切身」(爆) あ、これ普通にオニギリです!

会場に来る前、8時20分頃に寄ったセブンイレブンで購入。

だけどそのコンビニでは すでに このオニギリがコしかなかったの。だから
その貴重なラスト2の1つ(笑) もちろんラストワンゲット完売オメ 笑)

時間が経つと何か美味しく食べれなくなっちゃう
いので早めに食べちゃおうと思って!   がっ(笑) 

思ったより渋滞が早く緩和してしまい 登り坂で息が切れた状態で食べるしかなく、

全然飲み込めね〜あひ〜 笑)

10分後…
                    14:06

全然食えね〜完全なカタチ保持 爆)


出すタイミングを完璧に間違えたえくんちょ(笑)
14:10

笑顔で拍手しながら応援してくれたおじさん!
登り坂がイパーイなので このような応援は本当に嬉しぃのです♪





そして20分後・・・何故か
ロケが( 笑)

「一言願いします〜!」

えく:「この日の為にえてきました!
    お手柔らかにお願いします〜!」(ファッ○ョンチェック? 笑)

たこの娘っ!!! バカね〜!!」( 爆)

※えくんちょは以前「本当にピーコっこまれた事がある」のです(笑)

しかも じゃないからね(笑) 

つか ほえるちゃん笑い杉車掌さんったの? 爆)
14:30 (2006年14:25  2007年 14:25)

というわけで入山峠到着です!



この峠手前からの渋滞を利用して、食べ物を上手に補給しましょう!
14:32

ここについてから分ほどで階段を上る事になるので
並びながら休息もとってしまいましょう!

スタートしてから1時間30分、
まだまだ先は長いのですから…







そしてこの階段を上がると…
14:42
あひ〜)とにかくこんなスンゴイ登りが連続!!!
マジで苦しいです(笑)

あ、そういえばこの入山峠につくまでにえくんちょ、2回も転んだよ(アヒー 笑)

会場で買おうと思ってたのに買いにいく暇ナカタ当たり前 爆)

なので靴底がちょっと減り気味のアレで出るしかなくって
すでに2回も後ろに転倒しちゃった(嫌な悪寒 笑)

でも その度に後にいた ほえるちゃんや、
白顔さんが「大丈夫〜?」と心配してくれた…本当にありがとう

ちょっと手のひらをドカンとつくようなアレだったけど
全然安全な転び方だったから大丈夫!

でもこの後、ものすげえアップダウン苦しむ事約時間・・・
?(笑)

何と1時間2分もカメラ出番茄子!(とても出せない…)

15:44 (2006年15:43  2007年 15:36)

これは多分 市道山分岐のクイックにボキってなる部分!!



がっ(? 笑)


この同時刻◎様は・・・、
15:44

何と「ここ」なんです! スゲー(゚∀゚)!!!!!! カニー(笑)
16:14 そして 30分後、私はココ! ※ここの標識、ちょっと印象的ですよね(? 笑)

そうそう、今年の天候 スタート前は快晴だったけど、
とくに入山峠以降から 日差しがなくなっちゃって

でも もちろん走ってるから暑いのだけど 「曇り」に常時包まれてる感じで、
だけど雨が降りそ、とかそういうのじゃなくて

おぎ監督と何カ所かで会ったけど、「今年は暗くなるのが早いかもしれませんね。」と
話したのが何かすごく印象に残ってるんだ。

曇り。晴れていたのに曇り。でも「雨が降るような曇りじゃない

やさしく包んでくれる曇り。

こんなにナイスな条件滅多にナイと 強く思った!!!!!

がっ(笑)
16:28



何故か蚊取線香が随所でたりぉ出迎え(爆)

何度見かけてもコレです(さすが杉 笑)

休憩しなければもっと早くに通過できると思うけど
(何しろ随時追いついちゃってるのだから 笑)

でもこれこそが我らがボス蚊取の凄い作戦なのです!
16:35  (2006年 16:38 2007年 16:23) 

これ多分「醍醐丸」です! 

あり?初出場でデスノートアヒになった時とタイムが酷似嫌な悪寒? 笑)

いや、好調です(本当?? ) ここまでも たくさんの方が声を掛けてくれた!

確か この醍醐丸の先か手前か忘れちゃったけど、

ちょっとウエスト付近に入れてた補給食を食べて 出発しようと動きだしたら、

ウエストポーチの中身を 半分以上バラまいてしまったあひ〜 笑)


その時に 後ろのランナーが 真っ先に気がついてくれて、
                                  オウオウオウ!!!(オブギョウ様? 笑)」って感じで拾ってくれたの!!

もちろん私も一緒に拾い集めた(散らばせ杉 爆)

ファスナー締めるのをスッカリ忘れちゃってたょ。
拾ってくれたランナーのぉじさん本当にありがとう!

反対のウエスト部分にはね、
携帯その他大事な食糧も入ってたのね(マジアッブネ 笑)

だから 実に基本的で大切な事にも気がつかされた感じ。
 ファスナーが閉まってる事を確認してから走り出すという事。
明るい場所で本当によかった。暗い場所なら
落とした事さえ しばらく気がつかないかもしれない。

ゴミを落とさない。これは本当に基本中の基本だけれど、

「モノ(食糧や装備)を紛失しない」 ・・・これ 文字にすると当たり前の事だけど
現場では本当に大事な事だなって思ったょ!

17:41 すっかり暗くなってる
今年の日暮れはやっぱりった分 早かったと思います!

5時20分前後にはポツポツライトを使い始めるランナーが増えて
皆それぞれの都合のよい場面で ライトを出し始めて点灯しだしました。

ライトがるかギリギリ頃の
ちょっと凹凸の曖昧になった青白くぼやけた幻想的なトレイルが、

編集しているとかしく頭に浮かんできたょ。

アップダウンはかなり激しいです。本当に。だけど この
灯りが必要になった時、ある意味「ホッ」とするのは何でだろう?

きっとちょっと 皆がいるのだけど
少しだけ「プライベート」(パーソナルな空間)を感じられるからなのかな??

さあ、第一関門へ向って突き進みましょう!!!  すると…
17:43

「えくんちょさーん!!こんばんはーいぼーでーす!!!」
元気杉(爆)

「はいぼーる」さんは 私がとっても会いたかった人なのです♪
こんな暗い場所なのに気がついてくれた!!

いつも変らぬこんな元気な笑顔で話しかけてくれて
すっごい元気をもらえました!嬉しかったな♪

その他の方にも 本当にたくさんの声を掛けてもらったんです。
体調はどう?」とか 本当にいろいろ。
たった一言でも すっごい嬉しいし元気や勇気をもらったんです。

さあ 時間を「読む」と第一関門到着まで
すでに1時間を切ってるハズ頑張らなくちゃです!!
17:51

ちゃんと進んで行ける!

おととしも昨年も見落とした風景

ちゃんと この眼に「飛び込んで」くる!!!
18:00 浅間峠(第一関門)まであと.2km !!

でもね・・・どしたの??) ここまで、は、

何度も「ヤメたい」と思う箇所本当は何度も何度もあったの。

それ位、私にとって この大会の序盤は辛い箇所が半端なく多いの
だけど ここまで本当によく頑張ってこれたょ
※あり?何か終わっちゃいそうなイキフンになってるぉ?(爆)

言ってるの?」って思うかもしれないけど
私がもし「ハセツネで一番辛い区間(場所)は?」と聞かれたら 間違いなく

第一関門まで!」と答えると思う。

この先「アレソレアルヂャン!」って思うでしょ。でも

もうヤメたいょ。」って思うのは この第一関門までが私には一番多いんだよ





18:28

だけどここまで来れた。


嬉しかったな。



※ますます終わってしまいそうなイキフン?(爆)



さようなら








   えくんちょのマラソンパラ大好き☆
 
               (2004年8月〜2008年10月)



               
終了。




長年のご愛顧、本当にありがとうございました。












がっ
(笑)  




今年の私は・・・皆の想像を 遥かに超越する・・・







むちゃくちゃ絶好調フォー
なのですた
ちゃら〜ん 爆)

もうココロは拳を振り上げて熱唱するチャゲ&アスカ状態です(何か 笑)
(爆) 親方:「行け!えくんちょちん!!!」

18:32 (2006年19:43  2007年18:28)
時間32分で ついに第一関門(浅間峠)突破!!!!

がっ(笑)
!?(笑)
ハイタッチしまくりんちょ(笑)
キャー!!キャー!!どしたの?? 笑)
だからうしたというんだね?(爆)

いや〜、もう半端なく感動したょ!!!

でもここまでバックパックを下ろすような休憩は ほとんどとってないので
ここでの補給しっかりしなくっちゃ

荷物も ちょっと整理しないとだし 夜の装備()もなくっちゃだよね〜♪

えくんちょは このの裏に とりあえず移動!

すると 6分後に・・・
                          北リタも無事に到着したのです!何だか嬉しい事がいっぱい!

とくに夜間は コース上で小休止などで左右に外れていたりして、
そこでお互いが気がつかないまますれ違ってしまい

それっきりになってしまう事があるのです。 昨年はそうだった。

ここまで今年も とっても辛かったけど好調だとしても半端ないの!)、
この場所が こんなにも楽しくて嬉しい場所になっているなんて!!

あと1人の男性ランナーが 話しかけてくれましたね!ありがとう!
というわけで 驚いちゃった事とは ぉ友達が応援に来てくれたの!
こんなに嬉しい事はナイです!!会えて超嬉しかったです!!

初参加のあの時は 体調を崩し1人 辛く苦しい思いをした場所。

昨年は好調だったけど 昨年度は この場所に この時間、
こういう大応援の方は いなかったように思う!超サプライズ!!!

もちろん ずっとずっとるい時刻から 知り合いや
たくさん目の前を通過するランナーをずっと応援してくれていたわけですが、

私が通過する時刻も あらかじめ調べてっていてくれたのです!

本当に嬉しくって楽しくって 装備の追加は「ストック」のみ(爆)

んじゃ、行ってくるよ今年は絶好調!!!


18:47 皆の大声援を受け浅間峠スタート!!


がっ
お約束♪ 笑)


浅間峠を後にして僅か数分で調子が…(また?? 笑)


ストックを左右にポツポツついてるんだけど
何か体のバランスとにかくおかしいのです…。



な、なんと…ストックは3段式になっていて、
一番先端側はプチってなる構造のアレになってるんだけど、


なんとその先端部分の「ポール自体」が抜け落ちてしまったらしく
左ストックが3分2しかない(笑)

                                   
目玉
ドビュッシー
待ってました〜? 爆)

そりゃもうててコースを逆走(笑)
                                  


自分のヘッドライト以外の灯りがない状態

トレイルに落としたかもしれない落し物を探す…

さすがに えくんちょもしょんぼり(笑)



                                    

がっ

異変に気がついたのが早かったので

数十メーテル下った所に

無くしたストックの先端が 落ちてたんです!!!


もう ただの「ストックの先端1本」が まるで


も・の・すげえ・・・

                         に見えたシャキーン大袈裟キター 

もう急いでストックの先端を左ストックに戻す!

がっ(笑)

左ストックは気が付くまで 地面をそのままポツポツしてたので
穴の中にが入りまくりんちょ(あひ〜 笑)

でも何とかフーフーとかカキカキ、及びホジホシして(笑)、
左ストックは ようやく元にモドタヨカタ 笑)

             
この後、前方を進むランナーのバックパックに
こういう感じの
平べったい「光るモノ」がついていてすっごい奇麗だったので、

「すいませ〜ん!そのってるのは〜?」と話しかけますた!

するとその男性ランナーは
んですよ〜!」といってその場でしてくれた

LEDのマーカーだったのだけど
なんて超ハイテク杉て しばしえくんちょ感動(笑)

※画像のは一色なんだけど、その男性のは間違いなく「色を手動で何色かに変えられるモノ」だった♪

しかも…
                  
「僕は実は○●に勤務してるんですけど、アナタのページを
 初めて見つけた時、 思わず●○ その日のうちに
 
全部一気読みしちゃいましたよ!」(? 爆)

その●○が私のサイトなんか
絶対開いてちゃ
いけないような

  場所だったので・・・

「ありがとうございます!私は○●自分のページが開いてるのが
 だったんです!」と言ったらウケた(爆)


ライトのデモも嬉しかったけれど、たまたま話しかけた男性に
そんなふうに言ってもらえて超嬉しかったな!!

その後も軽快に進むえくんちょ♪



がっ・・・




闇の中にかすかに浮かび上がる何か・・・

幻覚・・・??

いや、確かに 何か浮遊している(アブナーイ 笑)

                                   「あ!? ジャックオーランタン?? ○ロウィンだよあひゃ〜(笑)」
20:28 (2006年22:10 2007年 20:34)

何と実にメルヘン御用達の
ハロウィンパーティー開催
@笛吹峠(爆)

でもどんなに可愛くトリックオアトリート!!」と叫んでも
美味しい菓子はもらえないぉ当たり前 爆)

いや〜、まじ
山の中に突如として現れたささやかなハロウィンパーティー



えくんちょのテンションは最高潮に(笑)

 
近くに女性キャスト(爆)が立っていたので
えく:「やった!やった!!ハロウィンハロウィン♪」(はしゃぎ杉 爆)

女性キャスト:(えくんちょを見て)「あらまあ!!!」(爆)

ブルーシートの奥に 座りやすそうな倒木の長椅子あり。

リタ:「隣、座れるよ!」(リアルパーリナイ? 爆)

えくんちょ、リタの隣に座る。  とりあえずっ、
                         



ルネッサーンス!!本当? 爆)


がっ・・

                              バイバイキ〜ン!!(笑)

えく:「体が冷えちゃうので は先に行くね!」

(笑)
・・・パーティー、僅か2分で 終了(爆)



えくんちょ、闇の中消える。

一人ぼっちになってしまうリタ(笑)



しばらくくんちょ単独だった。

けど、


いつのまにかリタも追い付いてきた執念 笑)

21:16

これは後ろにいたランナーの男性が

「撮りましょうか?」といって撮って下さったのです。

本当にありがとうございます!!ちょうど30q地点だね!!




そしてここから30分進むと・・・
21:36 (2006年 23:16 2007年 21:47)


来ました!西原峠です!!

この西原峠は、
さっきの笛吹峠とまた全然違う「独特の賑わい」を見せる場所です!

でも今年の私は、昨年同様 通り過ぎるだけでした!!
でも西原峠を通りすぎると、

初参加の時に さらに体調を崩して
大変辛い経験をした三頭山への辛い登が始まります。


傾斜かなりキツくなり とても辛いのです。



それでも一歩一歩 足を出して 頑張って登り続けます。



辛い登りも連続しますが、何箇所かアップダウンがあり

同じところを彷徨っているような感覚に襲われます。



「まだかな?」   「ここかな??」



「次か。」



ここじゃないのか…。





そして約時間、ちょっと辛いですが耐えしのぐと・・・・



待望ウッディオウチが…(?)




22:38

アンサンぉ久しビリどすえ。
いきなり京都舞妓Heeen !? 爆)

せっかく京都に着いたので10分観光(見どころは?? 笑)

お約束の「」の部分に座って しばし休息急速充電(何故ここで? 爆)

ヘッドライト以外に灯りがあるわけではなく、明るい場所ではないのだけど、

この「のアレはイキフンスキ♪ だから今年は通り過ぎたくないだけ♪

そして10分後の10時48分、三頭山避難小屋 出発


山頂までもうすぐ!!


急激な石段を一生懸命登っていきます!!


結構キツいけど・・


もう山頂が近いから、


声が聞こえてくる事」を知っているから!!!


だから頑張れるんです!!


早く、辿り着きたい!!!



「三頭山山頂で〜す。」



今 かすかに聞こえた。




!!



本当に聞こえた!!!!




(笑)

えくんちょさんじゃないですかー!!!

あひゃ〜(爆)

この方は三頭山のお出迎えのスタッフ
「三頭山山頂で〜す。ゼッケン番号の確認を行っていま〜す!」方なのですが、

色々あって( 笑)唯一知ってる方なんだ〜!!

何か本当ありがとうございます!!ああ、もう超驚いた嬉しかったです!

第二関門までの最大の難所
今年は何事もなく無事に切り抜ける事が出来たよ!!!

23:00 (2006年 01:18 2007年 23:16)  三頭山 元気に到着!!

がっ(笑)

パラ企社員集結し杉(笑) さらに・・・・(嫌な悪寒が… 笑)

〜〜〜〜〜〜
白顔:霊魂に変身寸前?(笑)

おぎ監督:chugoshine-runner(爆)

何故かリタ:お元気で…不吉 爆)
〜〜〜〜〜〜


がっ

三頭山山と言えば これをかないと始まらねぇ!!!(?)
コスモチャージキタ━━ヽ(゚∀゚)━━!!!!年連続 爆)

でも たった4粒しか・・・(何で? 爆)

それはね、ミニトマトをスーパーで選んで、
「ん!んまそ!」と思って買ったその1パックのミニトマトは…

ミニではなく ひとまわり「大きなサイズ」だったのね(笑)

そして1粒1粒詰めたんだけど広徳寺で 爆)、
ケースのキャパの関係上、5粒目はすでにINした4粒と
激しく反発しあって
どうしても入らないあひ〜 笑)
なのでたった4粒・・・ しかし これが…むちゃくちゃウマかった(爆)

白顔さんは小粒のミニトマトをたっくさん持ってきてたよ!

だって白顔さんが、この伝統のある
三頭山DEミニトマト」を伝授してくれた人なんだもん♪



でもさ・・・・


だけどかなり調子が悪そう… 心配・・。

でも「動かない」のはある意味危険だったりします。

「動けない」のは仕方がナイ事ですが、
 
「体」を冷やしてしまう←これはレースでなくとも 様々な症状を引き起こす
引き金にもなりかねませんので、小休止をとったとしても、

ある程度の区切りをしっかりつけて 少しでもゴールまたは安全な場所まで
自力で動き続ける事(その為の体力を必ず残しておく事=普段のトレを欠かさない事、

これ 天候及び体調の関係で予想以上に 冷え込む恐れのある、

このような「夜間山岳レース」では とくに大切だったりします。

※そして万が一の時の為の防寒対策は万全に!


私も体が冷えてきました。出発しなくちゃです!
                                      
そろそろ行きましょうか!」 そんな感じで白顔さんに声をかけて

23時09分に
リタ、えくんちょ 白顔は 三頭山頂を出発

※おぎ監督は少し前に先にスタートしていた模様です。



しかし 下りづらい・・・(あひ〜


頑張って下る事、30分・・

23:36  あ、これはマーシャルの方です!

今回から「選手マーシャル」という制度が導入されますた。

大会中は どの方がマーシャルなのかよく分からなかったのですが、

この方とすれ違って初めてこのようなマークをつけて走ってた事に気がついた。
(ってかPCで写真を見て こうして光る部分が確認できて 初めて今 印を知った感じ)

要綱によると「事故の報告および初期対応」という項目もあり、
私がそれを実感したのが 入山峠前後の狭いトレイルゾーンで、

怪我(ひどい捻挫か骨折の恐れ)をされたランナーの方に、2人のマーシャルの方が
支えながら ゆっくり歩いてるのを見かけた場面でした。

ところで このマーシャルの方には・・

えくんちょさん〜ん アドスポ見ましたよ〜(爆)」と声を掛けてもらった(笑)
                                 
でもこの場所、黒い小屋みたいのがあるんだよね!ってか
その小屋のウラに行きかけてたよね??(マーシャルなのにコースアウト? 笑)

えくんちょが「あっ!こっちです!」とか言って
場の空気がゆるんじゃったよね(爆)

まじマーシャルお疲れ様です!わざわざ「マーク付きのほうがイイでしょ!」と言って
後ろ向きでポーズまでしてくれました!!ありがとう〜!!

そう、三頭山の下山から 白顔さんは
しばらく私たちの後ろに しっかりついて下っていました。

私とリタは白顔さんのペースにあわせて80%ほどのスピードで進みました。


100%の力を出す事も出来る。
ただその100%えくんちょの100%であって、

100%出したとして 別に速いわけはないそっち?? 爆)


ハセツネで特筆すべき「道の悪いゾーン」っていうのを挙げるとすると、

私は「この三頭山からの下り」と ○●○までの下りを挙げます。

もちろん日中夜間かの条件の違いも大きいのですが、
この箇所は私が最もそう感じる部分の一つなのです。

白顔さんの体が温まり今のこの状態少しでも緩和されるのをります。

安全に下り降りる事が出来るのなら、100%の力を出して急ぐよりも
80%の速度で注意深くこのゾーンを切り抜けよう「今」は。


午後から 何度も白顔さんの背中を見かけたり
いつのまにか見失ったり でも再び会えたりを繰り返してきました。


よく考えたら怪我もまだ完全に治った状態ではないのに
こんな場所までよく頑張ってきたと思う。

だから「今」はこれでいい。今 ここで仲間が

このトレイルを相手に戦い、
さらに怪我の痛みや体調とも戦っているのだから。



パラ企のメンバーとして、この場所で 同じ時間 一緒に戦えるという事、

共に 次のポイントを目指すという事。

「今」それが一番大切な事なんだ。


私は 前に進みながらも、時々白顔さんの「後方」を
ちらちらを伺ったりしながら、


白顔さんの後ろに 後続の選手の気配が「しそうになったら」
私たちはスグに端によけ 後続の方に 先に行ってもらいました。

後続の選手たちは この時間は結構数名の集団のような感じで、
かなりいいペースでつながって 1列になって前を目指してる感じです。

皆 良い流れに乗っている!」←これは率直な私の感想です!!


とくに2006年では この辺りの私の通過は「遅い時刻」だったので
選手の集団が こんなに連続して現れるような感じは なかったのです。


しかし、

途中で 白顔さんが「かなり気持ち悪そう」な様子だったので
この時からは 私とリタは少し先を行くようにしました。





少しだけ回りのランナーとのスピードを考え ペースをあげたのですが
白顔さんは数十メートル後ろからしっかりついてきてたようです。


そして23:58(2006年 02:14 2007年 00:14)

私とリタは鞘口峠に到着。



そして3分後 白顔さんも無事に姿を現した!!





がっ…





0:01

「私ここでやめます!!これ以上進むと逆に
 スタッフにも迷惑を掛けてしまいます。」

一瞬 かなり驚いた。


体が温まっても、白顔さんの体調は 先ほどの地点より回復する事はなく、

さらに怪我をした「左足」をかばってきた為に 逆にそれ以外の部分
かなりの負担が掛かっていた事を初めて知った。

第二関門までもう少し。そこまで進めば「リタイア」という事には
変わりがないかもしれないけど 通過タイムも出るし、

逆にまだまだ状況が好転する可能性がないとは言えない。

しかし白顔さんは 第二関門まで進んでしまうと 逆に、

「回収の関係でスタッフにまで迷惑を掛けるワケにはいかない」と
自力で下山できるこの鞘口峠を選んだのだ。

※第二は直接車道でしょ?と思うかもだけど、白顔さんによると
 第二からだと「色々」あって 
逆に迷惑がかかると推測されるのだそうですです。



本当に本日は色々とありがとうございました!
 白顔、
ここでやめます


あまりにも爽やかで清々しい勇気ある撤退の瞬間だった。


白顔さん本人が決めた事、


私には何の異論さえ 微塵も浮かばなかった。

でも ちょっと切なげだけど…)

※この白顔さんの表情、よく見るといつもと全然表情が違うんです。
  私はこの画像を見ると、ちょっと
が出そうになります。

やかに「宣言と挨拶」をしてくれた白顔さんだったけど
私にはそのにある「悔しさ」が伝わってきました。

だけど その場では私は 絶対に何も言葉をクチにはしなかったよ。

厳しいレースの中で
本人が決断した事誰も揺るがす事なんか出来ない


白顔さんと固い握手をして

0:05 鞘口峠 出発。

〜〜〜〜〜〜
※ここでは「やっしぃ」さんに会いましたね!会えてうれしかったです!

鞘口峠からは多少のアップダウンがあり 
所 かなり細いトレイルも出てきます。

リタを引き連れて第二関門を目指します(今度はリタが?… 笑)



いや、リタも私も元気です!

でもなかなか鞘口から第二関門って「」(あひ〜 笑)


でも頑張って下ったり登ったりを繰り返します


時刻を確認しながら 「1時までには辿りつけるかな〜?
とか言いながら頑張って進んで行きます!



いっぱい頑張ると道路が出てきます!

でもスグトレイルに連れ戻されますお約束 笑)


またもや道路が見えますが肝心のアスファルトにはありつけません(爆)

またトレイルに引き込まれますあひ〜 笑)




でも  

本当に道路に飛び出しました!!



誰も走ってなんかいません。



しかし「アスファルトフォー!!!」とか言いながら、

えくんちょとリタは道路に飛び出した瞬間っから

猛ダッシュ(笑)


えくんちょ、ものすげえ飛ばします!!


がっ


リタも負けちゃいないのです(笑)


何でお互いこんなトコロでデッドヒート??


えくんちょとリタ ほぼ同時!!

うぉー!負けたくねえ!!


リタ お腹を膨らまして写真判定で有利に持ち込むのか!?
最初から出てるという説あり 爆)


えくんちょ、叫ぶ

待て
ゴルァ!!
」 (←爆)



怯むリタ怯まないえく当たり前 笑)




結局 ものすげえスピードで お互い第二関門に向って
全速力で走りまくる!



残り100メーテル

ふりゃ〜!!タ〜ホ!!」(笑)




残り50メーテル
ついてくるなー!!!」懐かしいと思ったアナタはマニアよ〜(笑)








結局 通過タイム 僅か秒差(爆)


1:13(2006年 3:20  2007年1:35)
ってか第二関門突破ですよお客さん(笑) 超嬉し〜

今回スタートから運んだ「飲み物」は 今回は常に手持ち分を
よく考えて安定した状態で消費しながら ここまで辿りつく事ができました!!

もちろん ここにたどり着くまでは常にずっともっと飲みたい!」って状態でしたよ。
でも運ぶ分量には限度があるから いっぱい飲めない。

だからこの場所の給水は本当に嬉しかったです!!

今回、私にしてはしく.5リットルすべて「水」にしてもらいました!
ポカリと水が選べます。でも私が選択したのは「」。

これ、本当に珍しい事なんです。事前の計画では絶対にポカリだった。

でも この時は」がとにかく 飲みたかった♪

あ、でも出来れば1時までには第二関門に入りたかったので
一応13分遅れって感じですね!

まあまあ、そんな事はおいといて(笑)、

青いシートには たくさんのランナーの方が腰をおろしています!

私もそのうちの一つのシートに「おっちゃんこ」(笑)


そしてバックパックの底に入れていたもう一つの
紅鮭切身(笑)り出して食べてみる。

ご飯が超冷たいけど ちゃんと味がするよパトラッシュ!! んまいんまい♪ 

んで、この後に本当に防寒着を初めて取り出したの!

ここに辿り着くまでの画像を見てて 気が付いてくれたかもしれないけど、

いかに今年の私は調子良かったか分かるでしょ!

天候っていうか「条件」が かなりよかったのもあるんです。


晴天のまま夜を迎え、夜も「晴れて」しまうと相当冷え込むのです。が、

当日は雨が降りそうな曇りではなく 夕方前から
優しい雲」が包んでくれたおかげで冷え込みがそれほどでもなく、

お星様は見えなかったけれど近年稀にみるナイス気候だったのです!!

&思い返せば今年は「小休止」を意外にとってたりしたのですが
 必ず「次へ次へとテンポよく行動」していったのもよかったのかもしれない!
                am01:28(笑) ちゃんと持ってきてるんです(笑) 


やっぱあったかいイイ


がっ
・・・



何か「止ってるのに温かい」と 何か・・



                          動きたくなくなってしまうんです笑)
忍び寄るマターリ魔の手が・・・

しかもリタにトイレの神降臨(笑)


何故か「待ってあげてしまう」えくんちょ(笑)



(笑)



(爆)




何と1:43リタトイレ30分?笑)

滞在30!


やっと第二関門出発マターリし杉 爆)



あひ〜!!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちょっとこの時点で かなり「危険」な事に気がついた。(何が?)


ダメ・・・かもしれない。」(どしたの??)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







いや、ちょっと待て。



まだ何も確定したワケヂャない


ここまで絶好調に進めたレースなんて

未だかつて全然ないんだよ。


第一関門以降リタに会えた事も、白顔さんと一緒に鞘口峠まで進めた事も、

第二関門のマットを全力で突撃した事も、まったりと温かい時間を過ごせた事

すべての事が大満足。こんなレース 滅多にないと思う。



危険な事?ダメかも??」  って

今 この場所で 腕時計が刻んだを見た瞬間から?



今年 くんちんは エントリーしながら 多忙で参加できなかった。

彼女の姿は ない。


もし 彼女の中で 引っかかってる事が もしあるとしたら
ここだと思う。

諦めるにはまだ早い。っつか諦める必要なんて全然ない

第三関門へのさらに果てしなきレースは  始ったばかりじゃないか!

っつか こんなに体調を維持したまま進めたレースなんてかつてないと思う。

無理をしなかったからこその結果

リタさんや白顔さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいになった。
約束は守るもの。

いや、約束を「伝えた」のなら
それ相応の覚悟と努力を続けるという事。

約束を守り切る事が出来ぬのなら、
最初から するな。

ここからは全力を出すだけだ



そう思った瞬間に 私の集中力

爆発的に 加速した。



リタさんに向かって、

御前山到着3時ジャストを目指します。

「3時!?んじゃ、えくんちょは今日 見てると
 
登りが強いから先に行って! オレは3時は難しい

 だけど大ダワまでの下りで 絶対に追いつくからっ!!!」


そう言い残し、2人はそれぞれの得意部分不得意部分を補って

それぞれの「スタンス」を保ちつつ、追いつ追われつの展開
逆に利用して
タイムを稼ぐ作戦に出た。


〜〜〜〜〜

登りでペースを上げるのは


目が回りそうだ。



だけど全力を出してみるのもいいんじゃない。





とにかく3時、3時。


遠い



ここかと思っても 遠い

でも


もう諦めない。
2:58(2006年 4:49  2007年 3:35) 御前山到着!!!

辛い登り連続だった。真夜中なのに暑い

でも防寒着を脱ぐ動作は避けたい。(疲れるから ダサいけど、
お腹のあたりまでファスナーを半開きにして ここは通り過ぎるだけ。

ペースをあげたので超苦しかったけど 目の前に設定した目標を
とりあえずいい感じでクリアできた。

この好調さ崩すわけにはいかない。

すぐに大ダワを目指す。

がっ…

御前山から大ダワまでの下りの区間は、さっき鞘口峠の所で書いた
特筆すべき「道の悪いゾーン」のその2なのです。

この区間が まさにそうなのです。

あと「これどっち?」って場所が ありましたよね?(あひ〜 爆)
※何か前方が二手に分かれていて 右上に登るような道があった箇所(笑)

とにかく ところどころ
エグれまくっている溝のような下り坂が
連続してかなり道が悪いのです。

スピードが出ない。

しかも第二までに何度もリタに ヘッドライトの灯りが暗い事を指摘されてて、

「ええ!?電池はピンピン新品(笑)」と答えたの。

だって本当にそうだったんだもん。


だけど第二でまたもやピンピン新品を入れたのに


暗・・・・」(あひ〜 爆)

ガスってるワケじゃないのに確かに「暗い」のです(寿命? 笑)




でも「この時の私」には そんなの関係ありませんでした。



見えぬなら 見える範囲で 動けば良い。

※何か悟りを開いちゃったえくんちょ?(爆)



この状態で無理をして急いで 逆に怪我でもしたらどうする??

足が痛むわけじゃないのに(道が悪いのもあるけど)、
なかなか思うようにタイムが稼げず、そりゃ ちょっとだけるけど、

見えない箇所を 焦ってもしかたがないでしょ。

自分の中では危険箇所だって認識してるんだし、
安全に次のポイントまで移動していく事何よりも先決!!

そして途中で約束どおり
リタが この道の悪い下りぶっ飛ばしてきた


くんちょ〜に行ってるから〜!!多分

 大岳山の登りで くんちょは間違いなく追い付いてよ〜!



一気に暗闇突っ込んでいくリタ。



・・・



やはり相手に先行されるのは不安だ。


だけど リタは宣言通り下りで追いついてきたのだ。


得意部分不得意部分 自分の中だけじゃなく
お互い」がそれを互いよく理解している。


これほどココロ強い事はナイと思う!!


リタの背中が小さくなっていくのを見つめながら
えくんちょは こう強く 思った。




しかし



大ダワは 本当に 遠い。



4:17(2006年 5:51 2007年 5:19)


大ダワ到着!!

ココロの中で ひそかに立てた計画では
4時までに行けるかな?」と思ったけど

やっぱ大ダワまでの下りは かなり手強いです!

でも ここまでの下りは夜間道が悪いという事もあり

激下りでさらに道の悪い」ような夜間の下りが、
あまり得意でない私は「時間が読めない」ので、

この場所に飛び出した事で、
やっと時刻を「読める」ようになったのは大きな前進です!

えくんちょはここで早くも防寒着を脱ぎました

もう「燃えたぎって」のです(笑) さらに食糧の補給をして、

3分後の4時20分には出発しますた!


がっ(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜
反対側のトレイルに入った瞬間、が吹き荒れちゃっててまさかの激サブ(笑)

レース中、自分たちの周り以外に 流れの全くない
無風状態の空気常にトレイルを包みこんでいたので

このまさかの暴風にはむちゃくちゃ驚いたな〜(あひ〜 笑)

てて防寒着を着ますた時間のムダ 爆)

そして 途中で予言どおり
大岳山への登りの途中で 先行していたリタに遭遇(笑)


先に行かせてもらう。


何か 今日の自分の集中力の半端なさを 感じた。



大岳山は途中から岩場連続する場所です。


とにかく集中


絶対に 逃さない(今頃ハンターなイキフンギンギン? 笑)・・・



5:13
トコロテンキターそっち? 爆)

どうですかお客さん、トコロテンが 「黒い」(爆)

そしてこの後、お約束のあの岩
一瞬かましてしまいそうになる(アッブネ 笑)

激ヤフに人影らしきものが見えたかも…(アヒー
お約束ネタ岩前面ハイパーよじ登り(笑)or 激ヤブ
ネタの神様:「いいから!!!」アヒー 笑)

私も一瞬ボケ迷いそうになったけど 
直後のあの急激な登りあり得ない」ので、

一瞬下がって正しいルートで行く事ができたよ!

そしてついに…
5:19(2006年 7:03  2007年 6:55)
どうですかお客さん!!「大岳山」が暗い(爆)
あ、実際のところは もうちょっと白くぼんやりとした感じなんだ。

フラッシュが自動だったので フラッシュ撮影の為に
かなり真っ暗になってるけど、でもまだ結構暗いんです!!!

えくんちょは ここで完全に防寒着を脱いで即行出発しますた!
長かった夜がついに明ける・・・・

でも大岳山の下りは、これまた序盤下りづらいの(あひ〜 笑)
でもね、もう立ち止まるわけにはいかないんだよ!

私は とくに序盤はケガをしないようものすごく集中して下り始めました。

そして道がだんだんよくなってきたら もう「抑える」理由は何もないのと
勝負を掛けられる部分は全力で立ち向かわないと後悔すると思い

自分の得意部分を活かすべく、走れる部分は走り、この区間(時間)ってる人は
あまりいなかったのですが 挨拶をしながらほとんど通過させてもらいました。
6:02

心癒される大岳山荘付近の大きな木も 今年は写真も撮らずに突き進みます。
もちろん風景はしっかり頭の中に焼き付けました。
懐かしくて 楽しかった記憶が蘇ります・・・←2007くんちん&えくんちょ♪

同じ場所を 今年は 駆け抜けます。

ここはどこだか分かる??  ・・・あの「」です!

第一関門を過ぎてから ずっとそばにいたリタに
綾広の滝でぉ腹いっぱい水を飲みたい何度も何度も話したんです!!

そして第二関門(深夜143分)からここまで
とにかく頑張って突き進み続けました!!

夢にまで見たは もうスグソコです!!!
6:04 綾広の滝 到着!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006年 橋→滝6分
2007年 橋→滝13分
2008年 橋→滝分(最速 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どうですかっ このを夢みたえくんちょの抜群の集中力スゲー 爆

えくんちょは1つのボトルに 200mlほど残ってた水を捨てて
ゴボボボボーと一気入れして それを200一気に飲んで、

また溢れんばかりにゴボボボボーと入れてまた200ほど飲みほして
まだボボボボー水を足して、

ボトル1本にしこたまたして即行出発しますた!
第三関門まで早く進んでさらに時間を「読みたい」からです!


そしてついに・・・
6:16 第三関門突破!!!
〜〜〜〜〜〜〜
2006年 滝→第三 23分
2007年 滝→第三 29分
2008年 12分(爆)
〜〜〜〜〜〜〜
※あ、ここまで上記3枚とも暗い感じですがフラッシュのお約束です!
とうとうここまで来たか!ここまで「もって」これたか??

実は今年は「目標19時間台」を こっそり掲げて頑張ってきたんです。

第二関門の到着は 誤差の範囲内としても、ちょっとあの想定の範囲外
マッタリしにより19時間台も微妙な状態になってしまったのでした。
※これが第二関門出発前に葛藤してたアレ

だけど得意部分を逃さず走れる部分は全部走って第三を6時16分に通過!
この時点でかなりハッキリ実現できそうなイキフンを実感する事ができました!

でもトレイルって「何」が起こるか分からないんです。

ボヤボヤしてたら数十分なんてあっという間だし、

逆に飛ばし過ぎて 怪我でもしたら大幅な時間のロスは免れない
体調だっていつ崩れるか分からない。

まだまだ油断は許されません

でもこの第三関門の直前は上り坂なんだけど 全部走る事ができました。

足に付けたチップのチェック後 すぐに出発したよ!


でもこの後、今年はコースが変わっていたよね。

左脇の急坂を降りるのではなく
神社の美しい石段を駆け降りる感じになっていました!

そして・・・
6:20

おはようくんちん♪ 今年の私、頑張っています!!

休憩時間を除いたタイムなんだけど、2006年は4時間58
(第二関門まで調子を崩した年、第二からは奇跡の復活を遂げた年です)

そして今年の2008年は何と4時間33分だよ!

なかなか下りづらい箇所連続して時間が読めず苦しい場面もあったし、

ゆっくり登る事が出来れば 少しは楽なのに
頑張って登らなくちゃならない部分が多くて苦しかったけれど、

時間の読めない不得意部分自分の得意部分
辛い登り部分を少し頑張る事カバーする事が出来たの。

25分も短縮できたの。凄く嬉しかったよ!

だから昨年の約束ちゃんと果たしたからね♪

ちなみに2006年と今年の第二〜第三のスプリットは
どちらも時間分なのです(驚) だけどこんだけ内容が全然違うのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜
数字は同じでも 中身が全く異なるのだから、
その数字を さらに細かく掘り下げて見比べる事によってめて

数々への目標へ繋がるヒント
たくさん秘められている事
に気がつく事が出来た時、

人は、きっと くなれるのでしょう。 2008えくんちょ語録

〜〜〜〜〜〜〜〜

なんちゃって〜あひゃ〜 
というわけで恒例のココ(笑) 昨年との違いは・・・・

「とっくり」の位置が違うのと
「うどん」が 後ろに下がって
しかもカレー90回転フォー(笑) スッキリ!!(IQサプリか 爆)


この後はちょっとナイスアスファルトフォー行くぜ〜!! そして・・!、
6:38

60kmフォー日の出山を目指します!!

あ、この手前のトレイル&階段ゾーンででは
とある人に声を掛けてもらったょ!何だかとても楽しかったな♪

つか私、「色?」とかおかしな事言ってたよね(笑)
別に
名前を間違えてたとかそういう事じゃなくて、

いつの年か着用してた上着とかが
色」だったっけな?とか思って何かと混乱してただけ(笑)

まあ混乱もするよね・・・
ポクたちでにOVERNIGHTなのですから(爆)
昨日の午後1時から頑張ってきた全然見えないところが何かオイシイ 爆)



そして・・・
6:46 (2006年 8:55  2007年 10:02)


あひゃ〜!日の出山 ついに着いたぉ!!!
嬉しそう(爆)

何で嬉しそうかと申しますと… こう見えても(笑)、ここまでにもの狂い
ガンバッてきた場面が多く、ここでやっと顔面を「てこ入れ()・・・

いや、それもあるど…やっぱこの景色ですよ!!
目の前に広がる山なみ、眼下に広がる街並みがっ!!

(´∀`*゚・*:.。. .。.:*・゜゚*!!!!!        がっ(笑)、


でもここからは急激な下りが連続しますので、

いつこの足がダメになるか分からないし
残念ですが ゆっくりはしていられません!

2分後の6時48分 即出発
7:27 

さっきまでの勢いほどではありませんが、走れる部分では走り、
登りは走らず(頑張りすぎない) でも立ち止まったりはせず…

とにかく自分のペースを守っていきました。
なので同じ人とは何度も先行したり先行されたりを繰り返したりもします。

でもとくに後半は一旦「先行した」からといって
「頑張る」必要なんか一つもないんです。

皆それぞれが得意不得意な部分や 自分のペースがあるのですから!

何度も何度でも「挨拶」をしちゃえばいいんです♪

ここは65km!!! もうちょっと進めば
かなり時間を「読める」残り5km地点が出てきます!!



それでは回線が繋がりましたので、

現場のメパンナレポーター、お願いしますan? 笑)


          ジリリリリリ!!! 「7時30分、7時30分!!



誰〜? 加賀〜 いつもキミを ている〜(またヲダか 笑)




                「は〜ぃ現場のメパンナで〜す。
 私は今《御岳神社》の石段キティいます〜!」(爆)

「現場周辺の話を伺ってみたいと思います!」
「すみません、えくんちょちんを見ましたか?」

     「彼女ずいぶん前に通過していきましたよ〜!
         ※これ、たまたま居合わせた「パラ企」○ァンの方(恐縮です)が
     
メパンナちゃんに このように声を掛けてくれたんだって!ありがとうございます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メパンナちゃんは今回、チームメイトだったのです♪ つか
私の大切なチームメイトなんです
・・・・?? メパンナちゃん限定→(苦笑 笑)

でもまさか それぞれがこの広大なコース上
散り散りになって動いているのに チームのメンバーに、

他のメンバーの状況(ここでは私の事)伝わっていたなんて感動しますた
※もちろんこの話は後日聞いた話です!

メパンナちゃんはそれを聞いて
「えくんちょちん、今年は順調にいったか!嬉しいなっ」って
思ってくれたんだって・・・・ 優しいな。。。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メパンナ:「それでは えくんちょちんに仕返しぉ返ししま〜す!」(爆)



メパンナちゃんが御岳でサプライズな中継をやっている頃、

実際の この時刻の えくんちょは、

小刻みなアップダウンをこなしていたと思います!


ちなみに小田和正さんのアレは2008年11月5日
発売になりますた(リリースまで長杉 笑)&サビ流し杉(爆)

価格は驚異525激安 爆)


そして・・・


7:45  ついに残り5km地点です!

2006年にはあった横断幕とかは やはり昨年も今年もなかったのですが
スタッフが必ずいるので、見落とす事はないと思います!
※どこかに「66.5km」っていう常設の看板もあるよ!

2006年は ここからゴールまで54分 2007年は1時間30分。

そこですかさず時間を「読む」。
いや〜、よくここまで(タイムを)上げていったな〜(しみじみ 笑)

ってか 今7時45分、何か「夢」がかなり近づいてきた。
どんどん現実のモノに成ろうとしているとにかく感動した。

でも「もしかしたら」という胸騒ぎというか
全く想像もしていなかった真新しいドキドキ感

私のココロに 新たに 芽生えた。

もしかして」。
8:04 これは「何でこの場面を撮ったのかな〜?」と思い返してみると、

多分ですが、この方には「アナタ八ヶ岳(野辺山)出てた方でしょ!()」と
声を掛けてもらったのではないかな〜と思う!※違ってたらごめんなさい!

そして「そうです!」というと
ショックだったって言ってたよ!」というのです( 笑)

え?どうしてですか!?」と聞いたら

ウルトラでしかもヒラヒラスカートの女の子
 かされちゃって 抜かされた人は
 皆
むちゃくちゃショックを受けてたんだよ!」と言われた(

野辺山はとっても思い出のある大会なんです!
そんなぉ話をこの場面で聞く事ができて嬉しかったです!!
8:10 あと 他にはかなり前半で
   「ショーウインドウから出てきちゃったお○形さんのようだね!」とか(あひ〜 笑)、

コースの途中でもう一度 1列の「よい波」に乗っかって頑張る
さんがまたもや声を すれ違う時に掛けて下さったり

日の出山からの下りかな?カメラマンの人が
どうしてこんな格好なの?」というので答えようとしたら、

近くにいた別の男性ランナーが、

「彼女はいつもこうなんですよ!これが彼女なんです
 これがスキなんだよね!!そう、いつもどおり!!」と、

代わりに明確に答えて下さったり(爆)、
本当に今回はいろいろな声を掛けてもらった気がします!!

これは多分、残りqといっても「道があまりよくないんだよ。」っていう意味で
何とかシャッターを切った感じの場面かな。これよりももっと
全然道の悪い箇所あるよね。

とにかく頑張ります!!そしてついに、





昨年度から恒例の・・・・




8:11

重機キタ━━(゚∀゚)━━!!!!! (笑)
しかも今年はミニバイク付き


※っつかこれ、この位置にわざわざ一番カッコよく見える角度で 
 
用意してくれた??(考え杉 笑)



重機プラス1超豪華お出迎えに えくんちょ、
マジ嬉しそう(爆)




そして…
8:18

ついに
最後の見晴らし処キタ━━ヽ(゚∀゚*)ノ━━!!!!キ杉 笑)

この直前、何度も左右に開ける箇所があるのだけど
この眺めこここそ 最終見晴らし処なのです!

ベンチとかもあって
昨年は顔面修復したところです(爆)

しかし時刻は8時18分!!!マジでがないとアブナーイ !!(??どうして??)

でも画像を押さえるのは忘れませんですた(執念 笑)

ここからは本当に 止まっているヒマは微塵もありません!!

闘魂にチャッカマン(笑) この激下り、転がるように駆け降りろ!!
8:25

うぉりゃ〜〜〜〜((((((((((っ)っ

民家キタ━━() ━━━━ !!!!!

激飛ばしなイキフンコアイほどわりますか?(笑)

もう立ち止まってるヒマはありません!!

残りkmいきなり意識してしまった「真新しいドキドキ

単位」での戦いになる事はすでに
残りkmの時点で分かっていたんです!

目標モスカステ かなりイイカタチで イケるかもしれない」と。
                これは「ほえる」ちゃんが撮ってくれたもの。

残り数百メートルの「この場所」で 「」を待っていてくれたのです!

もちろん ほえるちゃんの顔を見た瞬間に笑顔で手を挙げました!

でもカメラを「見る猶予(余裕ではなく猶予)
もはや残されていませんでした。もうとにかく突っ込むしかない!!!

ほえるちゃんの応援で 私はさらに加速しました。

私の見る限り 私の前後には とくに
この道路手前や、この住宅街に飛び出してから

「こんなに」飛ばしてる人

いませんでした(爆)
                               









ふんが〜〜〜〜〜!!!(誰? 爆) 


ああ、
魂が・・・アブナーイ 笑)













何が何でも!!!!!
叶えるんだ!!!!!!!!
。°(≧◇≦°










夢が・・・・





叶った。
夢が・・・。

わわわわぁ〜ん!!!!!!」(?? 笑)


これ「笑ってる」んじゃなくて「泣いてる」んです(爆)

このものスゴイ状態のえくんちょを、ひと目見ようと
皆「おめでとう!!!」といいながら目の前に来てくれて・・


もぅ嬉しくって嬉しくって・・・・・・

さらに感極まりまくりんちょ極まり杉 爆)


※腕がヤヴァイのは気にしないでね(



しかも・・・
ど〜も〜!!!平山ユージで〜す!」(?? 笑)
あ、これはモロさんだからね(笑) ただモロさんは、
会う度に全然違う全部同一人物 爆)

白馬のネタでユージの事を書いたのだけど、
※掲載する前に 編集の段階でユージと連絡をとってくれたの

わざわざ「掲載まじサンキュー!そのぉ礼だよ〜!!」と 

モロさんがゴール直後のこの場所で 私に
                      ユージSpeed Ascentの記事に ユージのサイン入り
ROCK&SNOWの最新号(山と渓谷社)をプレゼントしてくれたのです♪

本当にありがとう!!
今回、想定していたラストは、スタート前からの「あのイキフン」を
遵守するつもりでした。がっ…10らなかったあひ〜 笑) 

もし10分の猶予があったとしたら、スタートした瞬間から
71
.5kmという距離を 何も変わらない「まじスタートそのまんま」のアレで、

このビクトリーロード(笑)を、超ゆっくり、笑顔で走りたかった。

だけど残りkmで「真新しいドキドキ」が芽生えちゃった私には
もうこうなってしまう事は 想像してたんです(あひ〜 笑)

夢が叶うかもしれない。」「叶えたい!!!
そう思った時の集中力ってマジ半端ナイです!

19時間台ギリギリまでに入れればいいな(嬉しいなと思っていましたが、

まさかこんなにイイカタチで
実現
できるとは思ってもみませんでした。
                                           
残り5qで芽生えた、19時間」を切れるかもしれないという
「真新しいドキドキ感」が、

とてもいいカタチで実現できたという
思ってもみなかった「原動力」となりました

結局、ゴールした次の瞬間から 15分ほどは
この椅子から動く事が出来なかった。

でも このまま座っていると 本当に この状態のまま、

固まってしまいそうです置物? 笑)

                    ※これはinox家のお約束木彫りのクマー(爆)



何とか立ち上がって


ゴールが見えるところに移動して数分後・・

●んは、飼い主が
持ち帰りましょう
そっち? 爆)


8:47

リタさん、ついにゴール!!おめでとうございます!!!!
無事に白顔さんから受け取ったよ!ありがとう



ああ・・・ヨカタ♪ 

わあお!超素敵ぉ洋服☆
嬉しかったな。

いつも・・・本当にありがとうございます!!!

(笑)




着るものすべてを否定するという

えく○ちょへの恨みを 今日こそらすべく


自信満々の
アイツがやってきた( 笑)

リキ:「いっけど今日着てるこのトレーナー 
    ピンピン新品だから!」(笑)
う〜ん、確かに今日のは色あせもなく毛玉が微塵もなく,

縫い目色さえ変なコートすら着てない(笑)


さすがに今日はツッコミどころ茄子か・・・(敗北危機? 笑)




がっ・・・・()、
足元をよ〜く見てみる。つか 

えくんちょは座ってるので,


リキの足元が なおさら よく見える(笑)


何かが 急速過去へと さかのぼる・・・
??(どこ? 笑)
つか やっぱり
「ふかや」と同じコーディネートキタ--(゚∀゚)-- (ネ申 爆)


スボンも靴も一緒やん(笑) っつか変なコート以外全部一緒やん(爆)

要はリキは「7か月もそのまんま」な人(進化茄子 笑)、


(笑) つか  ※洗ってないの?(爆)


なので情状酌量の余地皆無

がっ(笑)

この「リキ」をリスペクトする人物が現れた(?)
 「 リキ先輩〜!
 上半身の
は オイラに任せろほげ〜!!」
マジ毛玉スゲ━.o。.。oO(゚∀゚)Oo。.Oo。!!!!  爆)
9:04

「どうも湘南です!!!」

えく:っ(爆)

だって この週末 私たちは「ハセツネ」ですが、
湘南さんは「夢舞いマラソン」に参加すると聞いていたので
ここにいるハズがないので、 

一瞬、湘南さんのそっくりさんバケモンかと思ったんです(爆)

何と!昨日 夢舞いマラソンを無事に走り終わった湘南さんは
誰にも気がつかれないようサプライズで応援に駆けつけてくれたのです!


※しかし湘南さんの目線が…ボスの剃り込みを「ジャストミ〜ト!!」(古っ 笑)
嬉しかったな♪









がっ(笑)




ボスの持ってるこれ、だと思う??
何と「とうもろこし」です(笑) だけど明らかに食いつくした言わば

食いカスなのです(笑)

※指で綺麗に「倒して」食べたやつじゃなくて歯でガジガジしたアレ(爆)

だから美味しいところすべて無くなってて、そのかわりに
表面のみたいの表面上これでもか〜フォーしてるのです(笑)
だけど この画像では写ってないんだけど
この手の中にはまだあって、

全然食べるところないのに
ずっと回転させながら食べていた(だから食べるトコないんだってば 笑)

あ、今年は「とうもろこし」が売ってたらしいです。 

が しかし…


色々な食べ物飲み物の販売所は目の前ですが、

そこまで動いていく元気が、

今のポクには もはや微塵も無いのですあひ〜 笑)
だから?(笑)


ってか平面バチから一転して
ますます超地味な服に
チェンジしてしまうとは(笑)

もはや誰だか見当ツカネ(爆)
ほほぅ…

なかなか感じで…
テる(爆)



まあ、それはおいといて(いいの? 笑)、
9:13

えくんちょ、腕上がらなあひ〜 爆)

これはアルさんなんだけど、

「何か食べた??アレは食べたの??」と話しかけてくれて、

やっとめてその言葉で
そういえばトン汁あるんだ!」って思いだした。

動けないえくんちょの為に アルさんが
わざわざ代わりに持ってきて下さいました!!ありがとう!!
この白いアレっちゅうことは「すいとん」かな?
小学校の給食を思い出しますた♪

んあ〜、温かくて美味しいニヤー♪
9:19  暖かい日差しを背中に受けながら
     この場所では何度も何度でも完走証を見ました。
時間秒 

ここに座り込んで動けなくなり、
約1時間と少しの間 ここを通りかかる人に「完走おめでとう!!」と、

声を何度も掛けてもらえる事があって、何度も 熱いものあげてきて
何度も何度でも泣きそうな声になってしまいますた。

本当に目標)を しかもいいカタチで叶えられた事が 超嬉しかったんだ。

〜〜〜〜〜〜〜
そう言えば、たまたまゴールを見かけてくれたぉじいさんが 何か
かなり熱くなっちゃって、えくんちょに「凄いね〜凄いね〜×20」とかゴール直後の
あの椅子で背後から
話しかけまくりんちょになってしまい、あまりのアレに 大会のスタッフが
「彼女は1日がかりで帰ってきてるから
今はあまり話しかけないであげて。」と
制止されちゃってた(アヒー 笑) いや、ぉじいさんの気持ち 嬉しかったです!!
〜〜〜〜〜〜〜
そしてさらに この場所でフーリズする事30分っ 爆)

ようやく…反対側で待っていた みんなのもとへ…
何度も呼ばれてたんだけど マジで何か動けなかったの。




※つかろ…(アヒー 笑)



そして…


っつか まず最初にお礼報告をしなくてはなりません! ※ん?何で???

何と、今回 私が背負ってた あの子様御用達っぽい
遠足
なイキフンぷんぷんの「楽しそうなアレ」、

・・・実は

inox超最新新作モデルだったからですうっそエッソフッ素?? 爆)

でも この○ティちゃんがくっついている部分は、

inoxが最後 すごく悩みまくりながら考えて つけてくれたベルトなんだけど、
全然違う用途に えくんちょが使ってしまい(○ティ取り付け 笑)

唖然とするinox(爆)
inox」は例え同じモデルといえども 手作業で少しづつしか作れず、
手作りが故に その全て1点モノなのです。

時間と手間ひまを掛けて 自らので創り出す作品は inoxにとって
その一つ一つに情熱愛情を注いだかけがえのない「宝物」そのものなのです。

そして使用する人のイメージニーズに合ったモノを創るべく
今までの作品のノウハウを活かし

その小さなパック内に すべてのアイデアを
溢れんばかりに詰め込むのです。
                  ぉ裁縫が大好きだぉ♪                              「市販のモノは 作りはしっかりしていて間違いがないですが、
 ココもうチョットこうなってれば ・・・などなど、

 自分が100%満足するモノってなかなか無いですよね。」

そんなお裁縫はえてくれます。」 by りんごちゃん(笑)
重さもさることながら、「1日がかりにも及ぶ厳しいレースをこなしてきた」という
今のパックの状態」がとても気になるようでした。

inox:「えくんちょが走ってて真夜中の奥多摩の山奥で縫い目がけて
    荷物バラバラになって泣いてないか心配だったんだよ〜!」(爆)

inox:「しかもこの大きさじゃ 必要なモン 控え室に
    ポイポイ置いてくしかなかったでしょっ」(笑)  ・・・確認は続きます。

私は気がつかなかったのですが 「、ここ 縫い目(縫いしろ)出ちゃってる!!」

強度は申し分なかったのですが、パックを下ろしたり背負ったりする時に
どうしてもその動作で「肩の部分」が左右に少し引っ張られてしまうのと、

荷物自体の重さが、常に肩の縫い目上下に激しく掛かり続けますので、
その肩の部分の「縫いしろ」が片側だけ外に 少し布が飛び出してしまったようです。

でも 本当に少しだけだったので
「押し込んでしまえばいいから自分で出来るかな?」とも思ったのですが、

強度が必要な箇所なので いずれ直してくれるとの事でした。ありがとうございます

でも背負ってて本当に何の問題もなかったので
私からは「すごく良かったです!」としか言えなかったんだ!!

そして、inoxのパックには必ず名前が付いているのですが、

今回の この新作パックの名前は・・・何と



           
KeTTY(ケティ)」なのです(爆)

由来は「KITTY」の「」を ekunchoの「e」と入れ替えてミタ(そんだけ〜? 笑)

いやいや・・・・
I am ekuncho」「Iekuncho」

だから「I」(ワタシ)はe(ekuncho)っていう意味でそうなんだ♪(意外に深い意味? 笑)


お誕生日は2008年10月5日です(なのでこちらも生後僅か日目 爆)

なので まだ同じモデルが一つもナイので 
本当に世界でたった一つ
オリジナルトレランパック
なんだ

ちなみに今年女子優勝だった櫻井教美さんは
今回の このレースで初めて
inox製の「Tracey」を背負っていたんだよ


コジ師:「KeTTY ・・・恐るべし。」(爆)
実はコジ師、12時間を切るタイムでゴールしてるんだけど

第三 カラ ゴールまでのスプリット、何と・・・

えくんちょのほうが1分40秒も速いんです(笑)

コジ師、見事にやらかしてしまうあひ〜 爆)

コジ師もさすがに深夜12時を越えてしまうと
T○Fぎみになったらしい(? 笑)  っつか今不吉?(爆)
                                        OVERNIGHT 先生ショボン(? 笑)〜
                                 作詞作曲:●室徹夜
エニウェィユウォン?エニタイムニー!パパーパラパー(デデデデー 笑)

エビバディシェイ!エビタイムダーン!

ウ〜ウ〜オーバーナイー!

ウ〜ウ〜先生
ショボーン(爆)


ハタチやそこらじゃ、人生の餅ベーション

気がついたら(紀文の)
はんぺんだけし(笑)

友達も(同僚も)刺激を受けつつ お互い
ラ・イ・バ・ル

きたくなるほどみ●めなゲームで

人生で初めての 
とびきりの
                                BAD TRIP(爆)
9:59

トロさんが来た!トロさんはまだ暗いうちにゴールされたとの事!!

スタート前は会えなかったのでここで
やっと元気な姿を見れてよかったです!

メンバーの状況は
ゴール
してから初めて分かるって感じなのでまったりしながらも
常に様々な仲間の情報が飛び込んでくる感じ
です。

ゴールがまだなメンバーがいる場合は、発表された「速報」で関門通過タイムを
読みとってゴール時刻を推定して待ち構えるって感じです!!

そして手元の時計は午前10時を指しました。
.
その時・・・
キター!(゚∀゚*))〜
母さん、帰ってきた!!(爆)
けーこさん完走、本当におめでとうございます!!!

実はえくんちょ、真夜中に どこぞの「ほら穴」の中で
実にピッタリとハマってグッタリマターリしてる母さんを見かけてたんです(アヒー 笑)

「ほら穴」にハマりつつも、あんなに真っ暗な状況
目の前を通過しようとするくんちょに気がついてくれて、

「えくんちょ…アナタは強いのだから頑張りなさい・・・。」
私は もう ダメ よ…」(?母さんっ??? 笑)
お母さ〜〜〜ん!!!!」みたいな(コントか 爆)

それでもけーこさんは見事に復活を遂げてこの場所に帰ってきたのです!!!
(鏑)パラ企女子チーム 只今名無事に完走 …お姉ちゃん元気だったらいいな!
10:09

湘南さんと白顔さん!

こんな感じでゴール前は 本当にたくさんの方
頑張ってきた選手を出迎える為待っていて下さいます!



がっ(笑)







白顔さんの肩に充血ギミなナメクジが…(笑)




後方の門の中に…
コーチキター(笑) 実はコーチは、第一関門や第三関門でも
応援してくれたらしいのですが、私は逢う事が出来ず しかも、

コーチがこの現場に着いたのは、すでにえくんちょのゴール(爆)
でもこうして合流しに来てくれたのです!!!

「すみません、応援に来たのに 社長だけは 不覚にも
 すべてのポイントにて見逃しました」(アヒー 笑)

いやっ、見逃しても大丈夫なんです!何てったって えくんちょのネタ
このボリュームなのですから(いつでも回想おk 爆)

何かコーチがむちゃくちゃ嬉しそうに皆と話をしてるのですが、えくんちょからの角度だと
こう」なっちゃうのでますます面白い表情になってしまいますた(あひ〜 笑)
※あ、お菓子頂きました!ありがちょ〜!!
コーチ's eye(笑)

この時、コーチはえくんちょの後姿(後頭部 笑)を見ながら
「凄く頑張ったんだろうなぁ〜!」と思ってくれてたんだって。嬉しいな。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ただ今 時計は時間秒を刻んでいます!







「ぉ姉ちゃんは もうちょっとかかるかな?」
                            とりあえず、お絵描きを始める・・・(?? 笑)
美術室の置物:
「前髪切り杉たから今日はデッサン ヤメてよ。」(笑)


「つか デーモンみたいになってるしっ!」 爆)
                ??(笑) 
がっ(笑)



「♪ティクソソー ティクソーソー ティクティクソーソー

  ティクソーウォン レツゲノン」(?? 爆)
ハジケロイエア!! ケロケロイエア!!(これぉ姉ちゃんにしか分かんないカモ 爆)

メパンナちゃん帰ってキター!!!!

※ ?な場合 一応上のレインコートクリックでユーチューブの動画に後で飛んでね!(でも伝説のカッパじゃないの 笑)
  &音が出ます。
勤務中の方は気をつけてね!(笑)



メパンナちゃん、21時間28分でゴール!!
ぉ姉さんの元気な姿での完走本当に感動しますた


でもね、今回のメパンナちゃんのレースの 
このゴールタイムの数字の中には、

さらにとっても凄いドラマまれているんだよ!




それはね…





17:33 生藤山手前でレトルト玉子かゆ



食う
(????? 笑)





01:58

第二関門でメインディッシュラーメンを・・・・



食う(爆)




んで、8:42・・・・


ねえ…○●かし(? 笑)


ねえ… うれしいのょ・・

・・・※健全です(笑)




モーニングコーヒー飲もうよ〜♪



日の出で〜♪(爆)」
やっぱぉ姉さんって凄い(笑)

ちなみにモーニングコーヒーは、夜明けと同時に飲むつもりだったので
第二関門で「サーモス」っていう魔法瓶
500mlも作って入れておいたそうな(入れ杉 爆)

でも夜明けの時は ちょうどぉ友達が一緒で、
メパンナちゃんは ぉ友達への配慮から その場では飲まずに、

結局 日の出山で その500ml全部飲み干したそうな(爆) 


でもそれでよかったのです。そうじゃなきゃ・・
                                      

モー○ング娘の出番は無かったのです
そっち? 笑)


でも これでパラ企全員
それぞれの今年のハセツネを終えた事になりました。

本当に皆 お疲れ様!


とりあえずメンバーは全員揃ったので
少しだけ「見逃すまい」という緊張感からは開放された感じかな☆

なので…
乾きモン登場(ポテチ 笑)

ロウゾウ:「おいおいエスパー、久しビリにお前のを見せてくれよ!!」
フランチェン?(笑)


ロウゾウ:「エスパー!

     まずは蚊取線香変身させてみてくれ!!」
(笑)



どか〜〜ん
!!!!



母さん!? (笑)











どか〜〜ん!!!!!!


さらに



うわっ おっさんになっちゃった!」(爆)

ロウゾウ:「やってるんだエスパー!!
       おっさんに用事はナイ)」(笑)





「ぅぅ…このままじゃエスパーの名が(スタ)る!!」

どか〜〜ん!!!!!!




っ!

この女の子は エスパーが個人で試走に行った時に
たまたまコース上で知り合った人なんだって♪

そこで何故か私の話になったりしてそれで意気投合?(爆)

試走って目標はそれぞれ違えど、大会を目的としているのは一緒だから

練習の最中や休憩している時に 同じ試走の方やハイカーの方と、
少しでも話が出来たり 知り合えたりするのはしいよね!

Nちゃんも完走おめでとう!またどこかで会えたらいいね〜♪
11:45

メパンナちゃんは早速ヒザをアイシング!隣はメパンナちゃんのお友達!

でもこの2人の出会いもとっても面白くて、昨年の大会中に
三頭山で初めて出会って その場所から大会中もずっと一緒

それからもこうして仲良くしてくれてるぉ友達なんだって!素敵杉☆

んで、このお友達(ころりんさん)が9月の終わりにメパンナちゃんを通して

私に「是非手渡したいものがあるの」と言ってくれて…
※それを聞いた時はとっても驚いたし嬉しかった。

超限定品のサンダルを見つけたのですが
 ○●○で元気をもらったぉ礼に!!」(マジ恐縮です…
 
あひゃ〜!○ティちゃんの顔がイパーイ♪
しかも「」「」は私の合成じゃないの(笑)

本当にそう書いてあるんだ!嬉しい!大切にします!!

←※ 背景は えくんちょが「海カラ。」で使っていたウキワ

何ともう季節は11月だというのに 空気を抜かずに そのまんま
ぉ部屋に飾ってある
のです(爆)ウキワ、しまわなくてヨカタ(そっち? 笑)

ころりんさん、本当にありがとう!こちらこそ「」ん「」を ありがとう!!
11:47

ゴロゴロゴロゴロ

地味な人、何故かリゾートへ出国(爆)

※腕が完全ダメになってしまったえくんちょ(笑)


っつか全編地味」になってしまったよ(あひ〜 笑)
初期のロウゾウ状態!?(名前があるのに名前を
書かれない 笑)

まあ、今は
それで(爆)
11:52

まだまだ応援は続きます!そう、この「かきぴさん」は
今年第一関門で私に会えるのを楽しみにしててくれて、

「遅くなっても 例え会えなくても必ずいるし、
 会えるのを本当にしみにしているから今年も元気に頑張ってね!」と
 メッセージをくれていたの♪

あの場所で約束通りにお会い出来た事、本当に嬉しかったな〜♪


そして今のこの時間も こうして応援を続けているのです。
本当にぉ疲れ様です♪いっぱいの勇気と元気を本当にありがとう


んっ 後ろ・・・・あっ!?
可愛(笑)

応援しているその姿がめっちゃ楽しそうで(・∀・)b イイ

キティ1号2号さんも 場所を移動しての
長時間の応援、本当にお疲れ様〜♪
ニャー!!
時間秒。」

かしく嬉しかった記憶ります
12:48

そしてとうとう制限時刻まで残り十数分となり
ぷあ〜ん」のアレが登場しますた。

まだまだランナーは 最後の力を振り絞って
このゴールを目指しているハズです。

どうか制限時間に間に合って欲しい

応援者の視線は いつ現れるか分からないランナーの姿
追い求めるがごとく最後の直線道路をまっすぐに見つめています

この「ぷあ〜ん」が登場すると 現場は「独特の緊張感」に包まれます。
ランナーが帰ってきました!!

完走、本当におめでとうございます!!

〜〜〜〜〜〜
しかし、この後 カメラのバッテリーが切れてしまいました。
でも私は最後の最後まで 応援をしていました。

今年は ラスト3分前以降はゴールをされる方がいなくて
午後1時ちょうどに「ぷあ〜ん」で終了となりました。

長かった24時間にも渡る戦いも 今年もついに終了となりまして
現場はゴール付近も含めて慌ただしく片付けが始まりました。

〜〜〜〜〜〜〜
しかし制限時刻を越えて(制限時間後10分以内くらい)、
ここへ戻ってこられた方がいました。
制限時刻には間に合いませんでしたが、
「1日がかりの
長旅本当にお疲れ様でした。」 という気持ちでいっぱいでした。
こんな感じで11時頃まで集まって応援していました!

これは10時ちょっと前頃の場面かな!だからこの場面に写ってない
メンバーも複数いますがずっと一緒に応援してました!


11時すぎにエクセスメンバーと またどこかでの「再会を約束」して別れしてからは、

パラ企のメンバー時間の許す限り&
最後のゴールを見届けるまで
ここでずっと応援していました!
〜〜〜〜〜〜〜〜
そしてえくんちょとメパンナちゃんは午後1時15分頃にやっと控え室へ。
っつか「完全に終了を実感できる」のが1日後ってマジ」ねぇ(爆)

そして再びあの重い荷物を抱えて・・・あひ〜 笑)と思ったら
北リタがえくんちょの「あの荷物」を代わりに持ってくれたんです。

でも持った瞬間、「何これ!?何が入ってるの??」と
むちゃくちゃ驚いていた後悔先に立たず 爆)

んで、3人で仲良く近くの定食やさんへ・・・。

※電池切れの為、携帯で撮影
14:30  どか〜〜ん 笑)

この時の3人の共通した熱き想いは、1日ビリに ちゃんとした
温かいぉ食事(しかも超ごちそう)にありついた!!!ですた(爆)

天丼×ざるそば!あ、これ別に量は
そんなに多いワケヂャナイ
んだけど(えくんちょ所感 笑)、北リタとメパンナは
カツ丼
×ざるそばをやはりセットで選択してものすげえハシャイでいたので

いかに「種類」ものぉ料理が同時に出てくるという、この時の3匹
体のトキメキ見事に表されたメニューのチョイスの実例であった(分析長っ 爆)
んじゃ、ルネッサーンス♪♪♪


お約束 笑)
こ、こりは・・・・(つかメパンナちゃんの表情ナイス杉 

私たちが入ってきた時は誰もいなかったのだけど
その後に入ってきた数名のグループは…

何と スタッフだった(笑)

こ、 この状況・・・

チョー本人」がここにいるという 「お互い」にとって
本当に最悪な強烈な状況に包まれてしまう店内(爆)…
〜〜〜〜〜〜
引き続き、店内のお客様においては、
強烈な状況の会話ごゆっくりとお楽しみ下さい(笑)

その女の子がさ〜、

 ハロウィンハロウィンってんじゃってさー、
  シートの後の椅子に少し座ってたんだけど、


 そんなブリブリヒラヒラなのにさー、

体が冷えちゃうと気持ち悪くなっちゃう
 
かもしれないから 私は先くね


と言い残して 一緒に来てた
  これ何が面白いかというと、本当のオチは「リタ」たったという
         難易度の高い複雑な構成ぉ笑いのテク含有(笑)

しかしさらに面白いのは 情けないオチを付けられた
こちらもチョー本人のリタであったが、このリタの表情 笑)・・・

何とこの時のリタは「オレ男の子!?」「男の子」…と

実に数十年ビリ「男の子」と表現してもらえてむちゃくちゃ
まんざらでもなかったらしい
そっち? 笑) ※ばりばりおっさんやん(

でも 最初はマジかなりの緊張感が走ったので「ここだ!」と踏んだ瞬間に

北リタとメパンナが「チョー本人たち(複数形 爆)ココですよ。」と それぞれに
オーバーアクションをかましてアピったら後ろのスタッフがついに気がついた(爆)
※でも気づいた瞬間は黄門様印籠が出た瞬間お約束杉なリアクションだったナイス 笑)

その後は 少しリタとスタッフが会話したりなんかしてて、

それを聞きながら温かい定食を食べて
前半とは一変した、実に和やかなイキフンに包まれながらの、

実に1日ビリの本格的な食事無事終了一応 爆)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぉ店の前でパチリ

場所は道路を渡ったところ(曖昧 笑) 駅の周辺とかじゃなくて、

えくんちょの駐車場に近づく事が出来て
歩いて行ける範囲って事で 路地フォーなこの場所になった感じかな!


                                                                  





そしてぉ食事を終えた、
ぇくんちょメパンナちゃんリタさん・・・・







広徳寺始まり 広徳寺DE終わる。」(アヒー 爆)

えくんちょの今回の原点である「広徳寺」にやってきますた(何で? 爆)

いや、リタさんが私の例のい荷物れているのに代わりに運んでくれた…

しかしれた体で…またあの登り坂キツかった(アヒー 爆)

んで、今リタさんが持ってるのはメパンナちゃんの荷物です。優しいな。
本当に リタさんもメパンナちゃんも色々と ありがとうございました

午後326分 メパンナ&リタは駅、私は当然広徳寺」なので(笑)、ここで解散〜!

そして1人ぽっちになってしまったえくんちょは 荷物選別アヒーになったままの、
後部座席に散らかっていた小物類をガ〜と端っこに追いやって(笑)、
                                       



ころりんちょ(笑)


もうポクは疲れたんだぉパトラッシュ…







プルプル・・・


・・!!??






誰〜? 加賀〜 いつもキミを ている〜(またヲダか 爆



                                      

目玉
ドビュッシー
(爆)
しかも、プルルンチョ 笑)




気がついたらもう夜の時半杉てて辺り真っ暗だよパトラッシュ(笑)

しかもさらにETC通勤割引終了時刻が迫っているよパトラッシュ(笑)

てて周囲にらばった荷物を、とりあえず固めて(笑)、

目ぇかっぽじって運転席に座ったのが42分。

日の出インターに59分台(←笑)でに入らないと割引茄子(笑)
日の出インターまでq

間に合うのか!?




自分を信じていくしかない!!(←どこかで… 





エンジンをブンブン言わしながら
何度苦しんだあの坂絶妙なハンドルさばきで下り降りる(笑)

が…道がいし り組んでるよパトラッシュ…(笑)




7時50分…

えくんちょ、ギンギン(爆)



7時56分…

7時58分…

 ↑これ最後の信号待ち(ヤキモキ 笑) これを右折してINすれば割引おK〜!!



ふりゃ〜!!





2回目 笑)






・・・・(また? 笑)







間に合ったよパトラッシュ!!!

何と7時59分台に見事INしますた!!(また単位の戦い? 笑)


もう少し事前に 温泉とか、ご飯の場所とか調べとけば
どこかに寄って帰ったと思うのだけど、

今回はれちゃってたみたいで帰るのを最優先したっぽい(笑)

んで超〜安全運転1000分に家に戻りますた!



あ〜・・・・・チカレタビー当たり前 笑)


                               


んじゃエンディングだぉ〜
!!!


まずはXCESS(エクセス)kojikenの〜、



とびきりBAD TRIPは 実は
初めてじゃナカタ物語〜(゚д゚)ポカーン(爆)
           今年のハセツネは、第2CPまで
マイペースを維持し、
体調も気分も本当に絶好調

オーバーペースだと思ったタイミングは
一度も無し

痙攣が酷いのは、寒さとカラッと乾いた空気のせいか?

でもこれも問題の出るレベルでは
ない

御前山も
適度なペースで登る!

そして
大ダワに到着した途端、 突然…

何かが変わった。


胃が
またおかしい。

真剣に「10H切りのチャンスがある!!」と
確信した直後だっただけに、 突然の出来事唖然

鋸山との分岐で横になり、寝る。


己に負け
… た。


15分ほど寝ただろうか、進み出すと、一気に
吐き気が…

第2CPあたりから飲食した分が
全て出た。全て消化できてなかったらしい。


そこからは、胃は
っきりしたものの・・・・

さらに地獄が始まった


すらも口に含む程度で進まなきゃいけなく、身体に力が入らない。

トボトボ歩いて大岳山を登る。

途中、木の根っこに
まりつつ 寝た。


得意の下りトボトボ・・・

ジョグも出来ぬまま
、3CPでも10分弱寝た。


日の出山で10分くらい夜景を見つつ ベンチで
眠り


得意な金比羅尾根を、

歩いて下る。

            いやぁ、OVERNIGHTハイキング

辛かった…


走れりゃ あんなに楽なのに・・・・



私のハセツネは 終わった。




昨年より1時間も記録を縮めたけれど、
辛かった去年と同じ展開。


去年の様な悔しいレースにだけはしたくない、と強く思っていた。


誰に勝ちたいとか負けたくないじゃなくて、
自分に負けないレースがしたい。

願わくば
「己」だけは負けないレースがしたかった。


少なくとも、そんなつもりの
                       ハズだった。

応援に駆けつけて頂いた皆様、本当にありがとうございました。

目標から
時間上遅い記録になってしまいましたが、
色々学ぶ点も多かったレースでした。
記録見ると、絶好調だったピーク時から
140人くらいに抜かれてゴールした計算に なりますねwww

道を譲り杉ました
アヒー 笑)    おしまい♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ケノケノ コジ師の想い感極まり?(笑)

つか ケノケノ今年の青梅高水山からトレラン始めたばっかなのに
11時間21分でゴール凄杉君(爆)

コジ師!今年の道も、またもや後半は険しく辛く苦しい思いを
たくさん味わってしまったけれど、昨年より1時間近くも縮めた執念のゴール

そして
あの表情この表情・・・次こそは(メラメラ)…まじぉ疲れちゃ〜ん♪  そして・・
01:17


inox、12時間17分、
Isabelle高く掲げて堂々のゴール



早速嬉しそうコーラを開けようとするinox



がっ…ウシロアブナーイ 笑)
!?
                       ぐぇ・・・

りんご
ちゃんがー!!!(アヒー 爆)











姉さん、事件です!!!






がっ


それどころじゃナーイ(爆)






そしてついに!
モロちゃんも見事な走り

14時間53分、渾身のゴールを果たす!!






がっ


スジ
スゲ━━━(゚∀゚)━━━!!!!(爆)

つか 近所のおじいちゃん じゃ ナイよね?(アヒー 笑)

←「あれから40年!」でもないよね?(爆)



そんなモロちゃんのグレイトスジにひっぱられ〜の、




ばぶぅ
キタ━━━ヾ(^▽^*)!(むちゃ嬉しそ 笑)


まじお疲れちゃん〜♪







とりあえずここで「パラ企」取材分のエクセスを終了し、次はパラ企行きます!
                      


MGEN 10:39:03
ロウゾウ10:39:12 わずか秒差(スゲー 爆)

2人ともスゲー記録での完走、本当におめでとう!!


                                      
12:08  From あおちゃん
私自身は
思いがけず12時間8分と大幅にタイムを更新しました。
しかももう少し
最後うまく走れば確実に12時間は切れたなぁっていう
(実力
以上の)レースができたのです!!

今年の
○●○で、偶然ながら、えくんちょさんと並走させてもらいました。
その時、「
絶対に第○関門を通過するんだ!」っていう、
えくんちょさんの力
い表情、力意思を感じることができました。

そのおかげで
諦めてしまったココロに再びを点けることができたのでした。
今回のレースを振り返ると、
その時の事を思い出しました。

来年の
目標が明確に見えてきました。○●○でもリベンジを果たし
最高の状態で10月を迎えられるようにしようと思います。

最後に、 トレイルレースって、
しくって、しくって、手ごわくって、残酷で…
だからこそ本当に面白いね!今度また、どこぞのレースでおいしましょう!
                              
エスパー糸 13:43

いつぞ」の時にの中で本当に楽しそうに話すエスパーの姿
忘れられません
(しかもあん時寒かったぉ)←ケノケノ限定

完走おめでとう〜♪
        アヒー(笑)
13:56
From たーこ

関門でinoxさんに会って、「目標はどの位?」って聞かれたけど、

その時の私は体調に自信がなくて
曖昧にしか答えられなくて、
とりあえず完走出来れば…」って返事をしたら…

何それ〜!? 試走してんだから何時間で走れるか分かんでしょ!?」って、
マジで突っ込まれたんだよね。

きっと多分、同じく故障をしていても、
果敢に目標に挑戦していくイノさんに圧倒されたんだよな…。

イノさんはここから
ageage目標に向かって飛ばしていったんだよね。

しかもゴールで会った時は「目標に届かなかった事」に本気でしがってて。
あの
悔しそうな顔眩しかったな〜羨ましかった!!

あの時、私は 自分の体を守ることで
精一杯で、
無事に山から出ることだけに
必死で、

「自分の力を出し切ったの?」と問われると、
どうだったんだろう?と、今でも分からないんだ。

でも 確かに“
あの瞬間、瞬間”はこれでもかってくらい必死だったんだ。

故障を言い訳にしてなかったか、走りながら問いかけてた.。

自分以上の
の人を見ると、刺激と触発を受けますね!
私から見ると、
イノさんの頑張りは、直視出来ないくらい輝いてるんだよ〜。


私もいつか、
あのくらいの潔さで、夜山の闇飛び込んでいきたいな
                             
アル 14:35

アルさんのおかげで「パラ企」は「突然のピンチ」を
うまく脱出する事が出来ました!完走おめでとうございます!! そして、

          トロさんもロウゾウが出迎える中、無事にゴールされました!

しかし、この時点で【(鏑)パラダイス企画☆おぎトロ霊魂中】の
メンバーの白顔さんは鞘口峠でリタイア。

おぎ監督はしくも鞘口峠行き倒れていたところをメパンナちゃんに発見され
監督を連れて行く(どこかで

がっ
第二関門まで「監督を連れてったけどテント直行」DE終了アヒー 笑)
さすがに斑尾に続けてハセツネは…足がもう登る事を拒否していたらしい・・・ぉ疲れ様でした。
前半に何度も遭遇できてお話できて、たくさん元気をもらえたの。ありがとう!


その他には、
                     
ボンバ家さんは、15時間台を目指し、第一関門には 目標を上回るペースで通過したのだけど
笛吹峠手前で、木の根か「くぼみ」に足を取られダイブしてしまい、右足首を
捻挫されたそうです。
三頭山は気合いで通過しましたが、鞘口峠で残念ながらリタイアとなりました。

あと、大会中にお会いできなかったのですが、barmyさんは12時間を切る目標で 第一関門までは
予定通りに進んだものの、前日までの体調管理不足や、前回より水を減量してきた為に、
水分をとる事を渋ってしまい(渋るがゆえジェル補給もままならず)、さらにウエアの選択ミスなど
様々な要因が重なって低体温症発症してしまい、西原峠でリタイアとなりました。

barmyさんをクリックするとその恐怖の様子が克明に描かれているブログに飛びます。

ではリザルトに戻ります!
                             
ハチあんちゃん16時間47分で地味ゴールゴルァ 笑)

つか やるじゃん!!スゲーじゃん!!おめでと(*^ー゚)v



んで、辺りはすっかり明るくなり、
再びポクらの下に眩しい太陽がその姿を現した。

そして…
17時間22分で我らがボス蚊取線香 ゴール!!

エスパー むちゃくちゃ嬉しそう(爆)

つか 走ってきた直後が一番髪型キマってるのはなぜ?(爆) 



いや、真面目な話・・・私が蚊取をリスペクトする理由は、
いつ見てもマイペースを貫抜いている事

中学生の頃から山岳部に属し、数々の厳しい山での経験場数)を活かし、

体調をいかに維持させながら最後まで進む。」 という、
周りにわされたりしていては なかなか出来ない安定性を、
常に発揮できるところが 私は本当に凄いと思し格好イイと思う。


合言葉は〜「えたやり方」 ←蚊取にピッタリなワード!!


この言葉は プリンセスプリンセスの19 GROWING UPの歌詞に出てくるの。
今 ふとココロに浮かんだから書いてみた!

あ この歌、プリプリ(古? 笑)の中で一番スキな歌☆ えくんちょの十八番(オハコ)だお(笑)
                                  




そして、さらにメンバーが続々と帰ってきたので
今カラ表彰式を始めます!

貴方は前回の記録より、





たった
74秒更新しますた!(笑) その奇跡的かつ
超ささやか杉健闘え ここに表彰いたします!」(アヒー 爆)

そう、リタさんは前回の19時間48分42秒から
僅か74秒更新の19時間4728秒(何かある意味ミラクル 爆)


つか りんごちゃん元気でヨカタε-(´∇`* )(笑)

というわけで、ekuncho日記クイズを出したのに
誰もクイズには食いつかなかったという、

伝説の問題解答遂に明らかに(笑)

北リタMGEN蚊取線香のチーム名、それは・・・ 
(鏑)パラダイス企画 ソリコミHEAD育毛中(爆)
オレもか!?」やべぇ  爆) アクマでもチーム名アヒー 笑)

いやっ一応 私は「ソリコミHEAD」までは命名させてもらいましたが、
○●中の中身は社員に任せたのです(笑)

さすがパラ企社員、まずはチーム名からいを取りにいくのです(
「ま、そうかもな。」 
チームリザルトは、完走75チーム中 45位ですた!おめでとう!!  んで、
【(鏑)パラダイス企画☆ワイルドダディ激走中】は大健闘19位
エスパー糸ロウゾウアル チーム完走達成!!おめでとう!!
つかロウゾウ、別人杉(笑)少年のようだった赤城ロウゾウもういない(不吉 爆)
しかもロウゾウは昨年の記録より時間5632秒も縮めたんです(驚異的 笑)

    From アル
この秋、自分は9/14から10/13まで
雁坂斑尾ハセツネ
トレイル絡みの
レースに出ましたが、このレースに全て完走したのは
日本中で私だけでした(爆)オンリーナンバーなんてあり得ないです!!
狙った訳ではなかったのですが
かなり嬉しかったです。

でもそのおかげで ここ1ヶ月
レース漬けでしたが、
流石に 丸1ヶ月間で
レースだけでの走行距離264.5Kmでは
まともに
パフォーマンスを出せないのが良く判りました。ちょっと反省です(笑)

【(鏑)パラダイス企画☆人ハンター放出中曖昧 )】70

えくんちょも時間1736秒も縮めてしもた(ロウゾウレベル? 爆)

あ、自己ベストの2006年(21時間51分53秒)からは時間2250秒も
短縮できたの。あの時は午後4時から翌日深夜1時半まで
体調不良に苦しんだし、21時間を切る事に目標を置いていた年だけど、

2年も経って実は色々な面で自分で行動を起こせて
いつのまにか19時間台を目標頑張れていた事本当に嬉しかった。
                            
そう、ほえるちゃんなんだけど、ほえるちゃんは途中で流血を伴う怪我
してしまい残念ながら浅間峠でリタイアとなりました。(もちろん後から知った)

〜〜〜〜その場に偶然居合わせたリタのレポート〜〜〜〜
醍醐丸へ向かう途中、足が攣ってしまいストレッチしているほえるちゃんに出会う。
怪我しちゃった…もう駄目かな…)」と、元気が無い様子。

「えくんちょさん
白顔さんと一緒で かなり先を行ってますよ。」と教えてくれる。
しばらくほえるちゃんに
付き添うように一緒に行く。ずいぶんと色々な話をして
しかったが、元気の無いほえるちゃんを見るのが 実は痛々しかった
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                            
変電所の途中から 振り返ればずっとニコニコとくっついて来ていた
えるちゃん。
私が転倒した時は「大丈夫ですか!?」と心配してくれた
えるちゃん。
なかなか食べられないオニギリ片手の私を 携帯で撮影してくえた
えるちゃん。

そして気がついたらいつのまにか、
いなくなってたえるちゃん。

浅間でリタイアした
えるちゃんだけど、その後は深夜も会場でずっとずっと応援…
そしてゴール間近、住宅街での
えるちゃんの声援…

ゴール後、動けなくなった私に差し出してくれた私が好きな
日本茶の缶
すべてが終わり 控え室に戻ると、私の荷物のそばに 可愛い
クッキーが2枚、置かれていたょ。

えるちゃんの笑顔と温かい気持ち、たくさん元気をもらえました!本当に本当にありがとう☆

そして当日の朝、駐車場の状況について メールにてお世話になったhitoさんとは
会場でもコース上でも 残念ながら遭遇できなかったのですが、

出場なのに見事19時間を切るタイムでゴールされました!
素晴らしいです!!おめでとうございます!
さて、XCESSパラ企は今回 お互いのメンバー同士でチームづつ、
(しかも
偶然にも男子チーム、女子チーム)を編成して今年のハセツネにみました!

XCESSのチームの状況ですが、まず1名DNSで1チームは
チームとしての参加は不可能となりましたので、チームとしてはつで参戦。

そして女子チームで1名 浅間峠で残念ながらリタイアとなりました。
残り2チームとなり、そのチームは見事チーム完走を果たしました!

kojikeninox、ケノケノXCESS-A14位と大健闘
モロぶぅ、まぐろ(冷凍)さんが所属するXCESS-B39位にランクイン!!!

しかも凄いのはエクセスの出走メンバー全員が何らかのカタチで自己記録を更新!!

チーム数やチーム編成が偶然一致していたのにも驚いたけれど、この事によって
お互いのチームや 互いのメンバーを応援する気持ちさらにUPしたし、

自分も頑張らなくっちゃ!」って感じでパラ企それぞれ頑張れた気がするの!
だからエクセスの皆様、今回は本当にありがとう!  
そして・・

前半に書いた「えくんちょ頑張れー!」と ものすげぇ大きな声

実は後で知ったのですが、
大切なぉ友達声援してくれてたんです!

この日の為に頑張ってきたぉ友達が「沿道で応援」に立っていてくれたのです。

スタート直後なので、私の目線だと混雑してて姿は分からなかったのですが
大会中もずっとずっと「その声」がに残っていて・・・
後で聞いてみたらやっぱりぉ友達だった!スッゲー嬉しかった!ありがちょ


そしてこのぉ友達が立っていた道路の電信柱には…
(爆)

これ、今回応援だったコーチが発見(笑)


つか 70kmって車で走ってもスンゴイ距離なのに
しかも山の中夜間アヒー 笑)

しかも最大24時間アヒー 爆)




さらに続きます〜♪
←これは、アルさんがシャッターチャンスを
 真剣な形相
で伺っているところ(アヒー 爆)

↑この場面がそう!えくんちょもすかさず同時に構えた(
ガンマンか 爆)

今回、ネタの中に アルさんやロウゾウが撮った写真が
たくさん含まれています!もし画像がなかったら出来なかった
ネタ
つながらない場面などたくさんあったかもしれない!どうもありがとう!!

という事で(ガンマン)「デジカメ使い」と言えば…
お約束(爆)

これはイノッチからがら12時33分に外に飛び出した時に
ちょうど「ばなな」さんがこの道路でマターリしてたんです!(えっと開会式は? 笑)

アヒー 笑)
しかも伝説のぉソバぉ召し上がり時と同じ服(笑)
さらに、ばななさんの このウエアを見ると必ず、
えくんちょの頭の中はいっぱいになってしまうのです(爆)
んで、どうですかお客さん♪腕時計も このパックのに合わせて購入♪

あ、最近 トレとかに使える時計がなかったので、
買うのにちょうどいいタイミングと思ったの♪ でも、

結構ホームセンターとか見に行ったけど全然置いてなくって、彷徨っている時、
「ああ、ドンキホーテならある!」とか思って行ってみたら、やっぱあった(笑)

デザインや色違いのが、縦型の箱に たくさん「詰まって」売ってる
お約束のヤツなので、たったの1200円です(爆)

決め手は「」、あと何となく高そうに見えなくもないデザイン(爆)、
あとバックライト付きのが欲しかったんです!

ちなみに○ティちゃんのアレは反射板になっています!
2個入り(赤とパープル)で100円です(笑)

あ、今回着てたアレ♪

超お気に入り洋服で今回着用が回目!






がっ(笑)

何でもないように見えて…(?)


一旦とりあえずひっくり返します!


??



ちょっと異常が…







な・ん・と・・・
  毛玉スゲ━━━━o。.。oO(゚∀゚)Oo。.。o━━━━.!!(笑)

つか色あせもっとスゲ━━━…Σ(・v・`;;=)ショボーン…

何とも、ウエスト部分や背中が、大会終わって
全面毛羽立ちまくりんちょあひ〜 笑)

たった回しか着てないのに、チャンピオン遣い手リキを押さえて
えくんちょ堂々首位独走?(  爆)

ポクのぉ気に入りの ぉ洋服が… もう着れないにゃ…。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん!!!!

がっ(笑)
!?
            2006年
お約束
少し小柄なアナタ是非とも子供服コーナー可愛いぉ洋服getしましょう♪
                                       



あとこの服にした理由は色々あるんだけど、
話すでに
やべえ位 長いので、それはまたいつか(本当かな 笑)



これは「銀色」さんが、今回のハセツネで手渡してくれた、
富士山近くの旅館で、見つけた「マッチ」♪


がっ(笑) よ〜く見ると…
          
動物の種類自体が変更されている
(爆)
リボンも似ているようで、ちょと違う(ハート付き 笑)

鼻、茄子あひ〜 笑) クチがミッフィーちゃん(× 爆)

大事なヒゲ何者かによって 抜かれたイデデ 笑)
とりあえず片手で「カタカナ」の勉強中(笑)

つか「喫茶ミッフィー」でもイケるかも(究極のmix 爆)

超可愛いかなりレアものだと思う!つか、わざわざこのマッチを密封袋に入れ、今回のハセツネの
装備に加えて
っててくれてたなんてそれも感動本当に嬉しかった!どうもありがと〜!
                                     


そして月日は流れて2008年10月31日、金曜日 夕刻。

その日、むちゃくちゃ忙しかった
くんちょは、

全部テキトーに切り上げて(高田純次か 笑)、

もう
マジ急いで高崎駅に向かいますた!



つか もう7時からの用事に間に合うには、問答無用で…、





お財布シベリアフォー(笑)


んがっ!!座れたからヨカタ!


早速、ヒザの上で荷物を整理し始めるくんちょ(お約束 笑)




どこ




つか
焼きそばスゲー(爆)
ようこそ、ここへ〜!」


→「無反応」( 笑)

→「遊ぼうよパラダイス!」(次のステージへワープ!!)

→「クッククック」(GAME OVER 笑)
ああ、何かものすげえ御馳走が(あひゃ〜 笑)

イクラが…焼きそばが…(やっぱそっち? 笑)
            

あ、たーこさんもいるしかも(スーツに付けてくれてる…)

しかも素敵な女性がイパーイ!華やか〜☆
彫り込みFACE(& 爆)
しゅりゃ!

ふりゃ!
ガーン」(笑)



&「焼きそばにハシがある。」という事実
 異常に嬉しくなる
という現象に悩むにアナタは、間違いなく
伝説
箱根50Kの前夜祭参加者懐〜 爆)
隙あり!!




「つかカメラ邪魔!!商●道具なのに 爆)


〜〜〜〜〜〜〜〜
そして・・・・


皆さん、こんばんは〜♪
 櫻井教美です!



盛り上がる場内!!

それじゃー、教美の〜
すべらない話!」(爆)


しぶりにレースウエアじゃない服とか着ちゃったんで〜、


非常にチクチクします。」(爆)




「ここにある箱は〜
焼き海苔の詰め合わせです。」(笑)
「どうも〜、みな気合い入ってますかー
 大宮自衛隊の小河内でーす!!」

「いちお、このファイナルパーティー参加者の中では
 私が一番(速い記録)みたいなんで〜!!」


またまた盛り上がる場内!

がっ(笑)
                     ポクらの師匠キター!!!         
「ちょっと君たち〜? 気ぃ〜散るから
ダンスは よしてくれるかな〜?」(あひ〜 笑)
つか

ヤヴァイ兄さん揃い杉あひ〜 笑)
「斉藤洋介さん?」(笑)

「だから違います!」(爆)


あ、「洋介」さんは 何と マーシャルの方!!!(あひゃ〜 笑)

あと、「洋介さん?」と問いかけてる方には
何か多岐にわたり色々と褒めてもらいますた(ありがとうございます!!! 笑)   さらに・・・
世界の田中です

あひ〜、ものすげえオーラが…
すっかりトキめいちゃってる(爆)
世の中カ●だー!?」(? 笑)
「どうも、ロウゾウと申します。」

田●:「ゆるゆると〜!」(超フレンドリー? 爆)





…でも…

気が付けば・・・
カラ。」(あひ〜 爆)
ども〜♪ハチテンで〜す!」


あ、何か水面下ではちょっと「話をしていたようなつもり」だったけど、
ちゃんと会うのは初めてだったと思います!


また色々お話を聞かせて下さい!よろしくお願いします!

あと今回は、まわりの状況など この日は駆けつけるのに精一杯&テンパリ杉
あまり写真に残したりできず、さらにこのネタにおいて、詳しい状況が書けてないのが心苦しいですが、、

他にもたくさんの人と話をさせてもらいました!
本当にありがとうございました!
楽しそとにかくテカりまくっている(爆)
XCESSのケノケノと(笑)

あ、上の女性の方XCESSのメンバー「」さんだぉ♪
ケノケノ:「ぇ社長は二次会、来ないらしいですよ。」

ロウゾウ:「ええ!?

     で来ないんだよー!?」
ロウゾウ:「カーーー!?」(怖杉っ 爆)

ケノケノ:…つかコイツ絶対に、
今日コレ急いで顔面塗ってキテネ?(確かに何かムラが…? 爆)

というわけで私としては大変しい事なんだけど、二次会をパスしたんです。
ロウゾウとかケノケノとかたーこさんとか皆二次会に行くっていうのに。

二次会はアンオフィシャルなんだけど30人位は行ったんじゃないかな。

しかもその二次会の合言葉は・・・


第二関門まで行かれますか?」(オモロー 笑)


なのでそう声を掛けられても「行かない」場合は、
ここでリタイアします。」というのが
お約束になってるみたい(第一関門敗退 爆)

それについてのアンサー →・・・「そうですか、それは残念でした。」お約束(笑)

つか、この画像の処理で「帰国」の隣の(?)
懐かしい!」と共感・及びトキメイてくださると、私ゃとっても嬉しいのです(あひゃ〜 爆)
分かる??(
細かいな〜 笑)


でも何でえくんちょ、パス… それはココロにひっかかってるモノがあって…

がっ
さきほどのパーティーではスーパードライと
焼酎(氷とかでそのまんま飲むアレ)しかなかったので、
※そのまんまに近い焼酎と相性が悪いので(イッコモン事件が… 爆)

フレッシュな生グレープフルーツサワーを1人でとりあえず!
あ、これはまだ搾ってないけど(笑)

※つか パーティーは立食形式だったので
 とにかくどこかで座りたかった

本当は二次会にすっごく行きたかったのだけど
最近本当に忙しくって(れもあって・・・)、

考えたい事があって(どうしたの?・・・)
あ、これは「あんきも」♪

何か味が大スキなんだ!(珍味フォー 笑)


&右上は牛肉のステーキね。疲れが・・タンパク質で緩和されるかにゃ?


とにかく考え事です。考えても考えても考える時間が足りなくて

パーティーでは テーブルに甘いお菓子のようなモノもあったのに
気がついたら、もう全然無くって食べられなかったので

甘いモノチャージっちゅう事で、
味は忘れたけどこのカクテルを頼んでしまう(笑)

な・の・で・・・(笑)

マターリして、えてるどころではなく当たり前 笑)、

本当は、元気なら別の場所を探したかったけど、
すでに閉店寸前の24時を回ってしまいそうだったのと、
                                     



もう人生れちゃったので今夜はこの近くのビジネス泊!





でも次の日は また自分の中で行動予定が。



・・・・!!!!!



おはようございます!!」(池袋フォー 笑)

んじゃ、移動します〜!





がっ!駅の構内に、
あひゃ〜(笑) もちろん該当のアレは丸めてバッグの中へ(笑)


んで 目的地の駅に到着して〜、

ちょっと歩きます〜。
!?

※これ、この画像のに「ピン」と来たら
 とってもツウです♪



実は何でここに来たかというと、私が前日の移動中に、
出先から携帯で書いたブログを見た「まったりや」さんから、

こんなメッセージをもらったからです!

10/31 23:25 From まったりや 
タイトル:「こんばんは」

本文:
明日も東京ですか?今朝ズームインでやってたんですけど
●●のファッションを売ってる店が○●にあるらしいですよ。

他にも●●、○○柄のグッズとかあるらしいです!

TVでやるくらいだから、有名なのかもしれませんが
東京にいるなら覗いて見るのもいいかなぁ、と思いまして(笑)

なので早速来てみますた行動力ハンパない 爆)

場所は渋谷です〜!
さらに詳しい現場は「ちょっとコアイ温泉」(今でも残ってる)がある近く。

つか さっきのピンクな店はメンズサイズの店なの。でもそっちにしか
置いてないアイテムもあるから個性的で楽しかった!


こっちは同じ店だけど十数メートル離れた場所にある
女の子向けアイテムのみのショップ!

さっきの店の店員さんに、
レディスの方が●○のアイテムが多いよ!と言われた!



んで、があるかというと…
!?

これは変身前の優のお約束の靴です!

つか普段っからブーツをお召しになってたとは!

店の中には(ク●ーミー○ミ変身前の)優そのものの「上下」もあったんです!


でもこの服(上記写真)は、値段のわりに生地が ちと安い感じなので
素材から受けるインパクトはちょっと
薄いんだけど、この服の面白いところは、
黄色いフードが むちゃくちゃ大きめに作られていて、その理由は
「ポジとネガが入る為」なんだって!そういえばよくフードの中に隠れていたよね(笑)


でも、やっぱスゲーと思ったのが、
これですあひゃ〜 笑) お約束のポジネガ(画像で言えばネコ)はもちろん、
変身するときの魔法のアレ全種類プリントしてあるんです!

とくに当時、この「星型」の変身するアレおもちゃ)が
欲しくって欲しくってあひ〜 爆) ※「魔法のステッキ」って言えばいいのかな!
そういえば「ポジ」の声ってス○オの声優さんと同じ人ですよね(爆)

んで、店内には「●リーミーマ●」のイラストをラミネート加工したものが
たくさん貼ってあって、ファンにはたまらないイキフンが漂っていたよ!

メンズ店には、ポジ&ネガや魔法のアレがプリントされた
ハイカットのヒモ靴もあったの!

すっごい楽しくて懐かしくて合計20分以上は眺めてたし
店内はマミの声とか歌まで流れてるんだよ(あひゃ〜 爆)

まったりやさん、楽しい情報をどうもありがとう!んじゃ、徒歩でさらに移動!
どこ?(笑)



見上げれば…

アートスポーツ!



んじゃ、恒例のぉ〜

ハセツネ写真展に行くぞー!!!




んがっ(笑)
あり?
やってナカタあひ〜 笑)  ポクのハセツネルームが…(涙)


※もちろん知ってて「あえて」見に行ってます(爆)




がっ(笑)

この部屋のマガジンラックに、トレラン雑誌がストックされてて…
◎様〜(お約束 笑)

満足です(あひゃ〜 笑)


んじゃ、今度は電車に乗ってまた移動〜!
神田にやってきますた!何店舗ものスキーやスノボショップがあって、
驚いたのが「スキーショップ」が流行ってたというところ(?)

長い板のスキーの店に たっくさんのお客さんが買い物に来ていたことです!

んで、この店が、私の中では「ネ申」と思った店で、上段に飾ってあるのが
全部ファンスキー(ショートスキー)なのです!&マイナーどころがずらり!

しかも店員さんは結構お年を召したおばあちゃんなのに
「これは凄くレアですよ。」ばりに説明してたりするんです!

とくに一番右の「JAM TRICK」は、今はあまり販売してるのは
ほとんど見かけない感じ! &

短いの(70cm前後)は今となっては 本当に貴重なんです。
短いのは凄く魅力なんです。今は1mを若干切るモデルしか
もはや新規に発売されなくなってしまったらです。(廃れたアヒー 笑)

ただどうしてもこのJAM、ワタシ的に「手が出ない」理由は、テールが直線に
切れちゃってる
のと、重心が真ん中にきてないので後に転びやすいカモ)
ちょっと怖いかなって…。あとビンディング(バインディング)のイキフン古さかな。

いや〜でも本当に この店は品ぞろえがあったな〜♪

これは石井スポーツ

高崎にもあるんだけど広さと品ぞろえが全然違うな〜(当たり前 笑)

何かいろいろ見た感じ!※何を見たかは今 忘れた(笑)

あ、あと「かいや」にも行ったの!そこでは
4000円ほどの何かを買った(何? 笑)

あとはスキなブランドのショップが たまたま、この近くの「地下」に
店舗があったのでカバンとか財布のバカ高いブランドのアレじゃないぉ 笑)、

結構探していたアイテムなんだけど、普通の一般的なブランドのは
どうも自分の欲しいっていう色やデザインじゃなくて ずっと買えなくて。

でもそれはスキなブランドでしかも配色ロゴもよかったので買っちゃった♪

んじゃ、ショップ巡りも終わったので、また徒歩で移動〜♪
!?

これは通りかかっただけなんだけど(坂道のところにある!)、
イキフンが凄くよかったので♪

何か、他にも携帯で撮影してる人がいたので有名なのかな!



んじゃ、さらに移動〜♪
ここが今日の最終目的地かな(? 笑)
マクドナルドにやってきますた!

食べたかったからです(笑) 

あ、食べたのは エビの何かのハンバーガー、アップルパイ、ポテト、
シェイクM、コーヒー(100円) あひ〜食べ杉♪(爆)


でも、マックに来たのは 是非ともやってみたかった事があったのね。
これです(?) そう、今回 折角PCを
持参しながら(←だから後ろ向きのカットが多かったのだ )、

昨日は一人、居酒屋で考え事も中途半端に終わってしまい、

今日はショップ巡りで時間が無くって
持ってきたのに持ってきただけになってしまうのはアレなので

ここで作っちゃおうを思って!!
(この時期はちょうどこのハセツネネタのように作っていたんだよ 笑)

がっ(笑)

この画像(右端のイキフン)よ〜く見ておいてね…

何と…えくんちょのは…
モバイルじゃなくて思いっきりA4クラスなので画面が棚の下に入らなくて

思いっきりディスプレイ、手前に斜めってるYO〜(あひ〜 爆)

つか 見づらいんですけど…(笑)


どうしよう…



なので色々試行錯誤を繰り返し…

数分後、
これで() 体の向きと90度違う(イナバウアーディスプレイ? 笑)
でもこれしか方法がなかったんです。
テーブル自体がものすごく「奥行きが無い」のです(だから本体左3分の1は空中浮遊 笑)

例えば反対向き(右ディスプレイ)だと、今度はマウスが扱えないのです(笑)

つか、これ、6月頃のヒートアップPCではないの!またコスミオフォー(気に入り杉 笑)
見た目の大きな違いはディスプレイの枠の色だぉ!

んで、ここで5時半すぎまで体を直角に曲げながら(笑)、編集して
辺りも暗くなっちゃったので、そろそろオウチに帰ろうと思います〜!!
いや〜、買い物も出来たし、出先で少しでも編集も出来て楽しかった!

※本当は編集を完全に終わらせて外出先でネットに接続し
 
即行アプする計画があったが、ネタが不完全なので諦めざるをえなかった(笑)

そんで このマックの最寄駅から帰りの電車にって、すでに
30分くらいした頃に携帯にメールが入る。

多分赤羽は過ぎてたかな。

「今カラ ●○●●パーティーやります。これたらキティ下さい。
 場所は都内某所です。●○●食べ放題です♪」(?) by り○ご



何ですと!?(笑)



つか、さっきまで都内にいたのですがパトラッシュ…(笑)


ぁぁ・・・電車は群馬に向かって
ものすげえスピードで
走ってるんだよパトラッシュ…(笑)





んがっ(笑)

午後6時半、




えくんちょは…



大宮で、


降りた(爆)



そこから都内某所までの乗り換え案内を検索して
時前に再び都内へ向う電車に乗車(笑)
これはどこだっけな…(もうテンパリ杉て忘れたぉ 笑)
※一応これは乗り換えの駅のホーム

指示通り、都内某所へ・・・



でもこの日、何か○●線が電車遅れちゃってるみたいだから、

それを少しでも回避できるであろう路線をあらかじめ使ったりして!

あ、そうそう!これまた別の乗り換え駅で、電車を待ってて、

電車が予定通り入ってきたんだけど、何故かドアが開かず

「この駅で降りる予定」の人も、ホームで待ってる私たちも、
ドアが開かないので、全然降車も乗車も出来ず、

ドアの窓越し「対面状態」が1分以上続き(笑)、


挙句の果て

何とその電車が目の前で動き始めてしまったんです(爆)


ドアが開かないまま 動き始めたその電車に向かって、
お客さんがカニの様に横にズレながら、「オウオウオウ!!!」って
オブギョウ様ツッコミすかさずかましてた(爆)



ただこれまたいた事に、数メートル動いて「再び停車」したんです。

そこでドアがプシューと開いた・・・。

電車の中では、さっきのトラブルの説明が少しあって、車輛の故障や
電気系統トラブルとか思ってたのですが、ホームに滑り込む手前で、

電車の緊急停止信号が出て、通常の停車予定位置よりも、少し手前の位置で
車輛が止まったのでドアが開けられなかったと説明がありました。

ただこれで2分ほど遅れてしまったので その後の接続が心配です・・・。

えくんちょ、実は この電車の1つ前の電車を、
ホームを勘違いしてしまい乗り遅れてしまってたんです。

この電車が の接続に間に合う最後の電車だったからです。
※次は30分以上後・・・。

しかし、次の電車は「停車して待ってる」とのアナウンスが!!ヨカタ〜♪



7時にUターンを始めて、到着したのが…夜分(時間後! 爆)

でも無事に辿り着いた〜!


がっ…今度は時刻時刻なだけに「っ」(あひ〜 笑)

ちょっと軽装なもので、さすがのえくんちょもプルルンチョ(笑)


でも、本当に到着です〜


!?
とりあえず乾杯〜(笑)
コジ師:「これ、全米が大絶賛トレラン行動食なんだって!!
     食べてみて!ウマいから!」

inox:「本当にぃ〜?」
左が全米大絶賛の、
  「しょっぱいミックスナッツ'sが混じってるアレ」(笑)

右はこの店人気メニュー竜田age
おでん、煮えたぎりますた



そう!このお店、「本日おでん食べ放題!!!


あひゃ〜
ソーセージon 爆)

しかし、コジ師も約束1st チャレンジタマゴをいったんだけど、

何かタマゴの黄身が予想以上に「粉っぽかった」らしく、
細かい黄身の粒子が気管に入ってしまい、

早速んでしまいそうになるアブナーイ 笑)

なので、えくんちょは それを見て
絶妙にブレンドしながら食べる(有難き反面教師 笑) しかも、

上に乗っているハンペンばかりをこっそり食いつくすハンペン大好きなの 爆)


そんなハンペンフリークには…
「もうハンペンばっかり食わないでおくれよパトラッシュ」(?)

スゲー(笑)

これ本当に「パトラッシュ」っていうビイルなんだって
〜〜今宵のアトラクション〜〜
inox:マーメードのモノマネ(? 笑)
   ↑これは多分「見た事」がなくても納得できるというかなり凄いモノマネ(笑)
   中島みゆきさんの歌…何度も詰まりながらも感銘を受けた歌なんだと熱唱
   巨大ムカデをなげる(? 笑) カルボナーラ♪ ぉ買い物あてクイズ(? 笑)

 あと、キャッスルオブデビルの「途中」を歌ってくれた(これは感動!)

コジ師:ちょっと今書けないけど色々凄いパフォーマンスダイナミックファンキー
    誰かの顔どうしても思い出せないという話(後悔系)
    ○って●●な生き物だという話(いきなり生物学? 笑)
    ナイフの話(アブナーイ 笑) うなぎ(爆) カチカチケティー探し(?) 虫に過敏(爆)

  ※ダイナミック及び特に「ファンキー」なパフォーマンスは近いうちに
    生で 見られるチャンスがあるかもYO〜!(?)
楽しみにしててね〜!

なかいなか&私:ひたすら聞き役に徹し
           さらに私はこっそりネタ抽出に全力で走っている(笑)

あ、私、そういえば店の入り口で早速頭をぶつけた(爆)&何故かイクラの話(爆)

そんな感じかな〜♪
何かこの場面、大宮殿王様の鍋っぽい王様の鍋って? 笑)

黄金のツヤ

ロウソクの炎が、
揺れながら浮かび上がる空間って本当に素敵だよね♪


っつか おでん結構ってる(笑)

でもまだ半分以上あるかな!

でもハンペンもうないぉ・・
そして次の瞬間、コジ師が落ち着きをくす(?)
inox:「かぼちゃのケーキだょ〜♪」


コジ師、大喜び(爆)

そう、コジ師は甘いモノが大好きなのです♪

全日本粒an?党首なのです(



そう!何で このぉ店、こんなに暗いのかというと・・・・

今日は・・・

・・・・・ ・・・・ HALLOWEEN

ハロウィンって しくて、でも少し不気味で、しくて、ちょっと怖くて
でもしくて、あどけなくて、不思議な事が起こりやすいのです。


あ、inoxは このハロウィンをテーマにした映画、

NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS」が、
映画の中では 1番スキな作品であり、

その中でも「サリー」というキャラが大好きなんだって!


でも私は、実は この映画は見た事が無かったのだけど、
このキャラが スキなのです!
(何のキャラなのか全然理解してないのにスキだった。)

そして、KeTTYの修理の話になる。

inox:「他に直すとこある?」

えく:「あ、全面のヒモの長さを、もうちょっと伸ばせたらイイかもです。」

inox:「全面?」

   「どれどれ・・あ、ここね♪」



・・・・
ジュボ(?)  アヒー!!!!!
どうしたら
 このキティちゃんを救えるのだろう…
」(?)

その傷が痛むのなら、僕はこの両手に、
 その傷を少しでも癒せるような
魔法を身につけたい。

※つか 先に手当・・・?(笑)
そうだ、冒険の旅に出よう。」(?? 笑)


1人熱い使命感に燃えたぎったコジ師
薄手の黄色い上着をポケットに無造作に詰め込んだ



そして次の瞬間!!

チャラ男は」( 爆)



inox:「コジ師!?
inox:「うわ〜ん!!!!!! ポクコジ師が
    ファンタジー世界行っちゃった〜!!!!!!」(爆)
連続モノ?(笑)



いや、「終わり」です(懐〜 爆)



ではエンディング2です♪
                   夢が叶ったぉ!  ヨカタネ!
あ、これはレースが終了し控え室に戻る時のさらに詳しいエピソード

レースも終了し、控え室に戻る階段を上っていく時、
階段の踊り場で偶然「はいぼーる」さんとバッタリ

その時に「お疲れ様〜♪今年はどうでしたか?」と聞かれ、

19時間台を夢みて頑張ってきたので夢が叶って嬉しかったです!」と
言えたんです。はいばーるさんはそれを聞いて、
自分の事のように喜んでくれたのが さらに しかった。

私は「文字」ではマジでたくさん「しゃべる」のですが(アヒー 笑)、
あまり「リアル」では自分の思った事が
言葉にならないことが多いのです。

なのにその時は
不思議な事に、自分の感じた想いを「キラキラ」と素直に、
そして
ハッキリと話す事が出来たように思います。

やっと全てが終わり 窓から差し込む暖かい日差し
佇む私と はいぼーるさんを優しく包んでいた

そんな 幸せでほのぼのとした踊り場でのひと時でした。

                                 
    From 
  はいぼーる
今年のハセツネ無事終了しましたね!レース中は三国峠でえたうえに、
五日市会館の階段でお話しできて、しかったです〜!

19時間台で完走するのがだったんです♪」って言う、
えくんちょさん、
嬉しそうでしたよ。よかったですね!

自分のイメージ通りのレースを終えて、きっと今は
達成感心に溢れているのではないですか?本当におめでとうございます!

私は、少し
空が明るくなり始めていましたが、
念願だった日の出山からの夜景を見ることが出来ました。



はい
っ、それはう、ビーズ出来上がった街
してるかのような夢のような綺麗さでした。

私は
話ししたとおり、不器用で
あまり色々たくさんのレースには出られないと思うのですが、

また どこかでお見かけしたら
をかけますね!
ではでは
お身体いたわってあげてくださいぉ疲れ様でした!


これは えくんちょが、はいぼーるさんから頂いた文章にインスパイアされ
  きっと「
こんな感じ」に見えたのかな〜って思って創ったぉ
                                                            そして、超ビックリしたのが、

ハセツネのファイナルパーティーの司会進行役が


はいぼーるさんだったという事

素晴らしい司会進行、そして楽しい時間空間本当にありがとうございました!
これは今回 につけていたペンダントだぉ。



これ、何で今回コレを選んだかというと、
はぁとに詰まっている宝石の数がちょうど23粒なのです。

XCESSとパラ企は、それぞれにチームを結成したので
何か意味のあるモノこっそり身につけたいな〜と思って!

ちょうど両チームのメンバーが3×8チーム=24名なので、

おっと1粒足りないぉ・・・・いやいや・・・
この23粒(人)&自分。

&光を放つ煌めき部分は、日頃から支えあった仲間および、
 今までずっと応援してくれたみんな。


レース中は この首元れるペンダントで、

常にチームとしての自分の存在(あり方)を思い出し、
辛い場面でも いっぱい頑張る事が出来たんだ!
 繋がる。そして広がる。」             

大会に思いを馳せ、チーム編成やチーム名に頭を悩ませた
5月
チームを組んでくれたパラ企メンバー、そして個人で
果敢に挑戦したパラ企メンバー、
XCESSのみんな、「あの日・あの時」、楽しかった想い出心配させちゃった事
パラ企を支えてくれた仲間、応援してくれた全ての方。
いつもそばにいて、励ましあい支えあった仲間

この
宝石が放つめきのように、いつまでも忘れる事がないであろう「くような」、
あまりにも
一生懸命で、素敵で、が出るような思い出を、どうもありがとう。   それでね…

けーこさん、今まで本当「ありがちょ♪」
実はぉ母さん役の「けーこ」さんは
今年のハセツネ最後レースを「引退されました。

今後 はレースなどではなく、ゆっくりとした時間を楽しみながら
そういった山登りやキャンプなどを楽しむ方向にシフトされるそうです。

けーこさんと私の出会いは 数年前、山のレースゴール後
「えくんちょさんですか?」と声を掛けてもらったのが最初だった。

私のHPを「ある山の検索をしていて見つけまして」…から始まり、

その文章を読んで、けーこさん自身が感じた事や思った事
すっごく一生懸命に伝えてくれている感じが伝わってきて、

私もその話に一生懸命になってを傾けたのを
その場所の空気感と共に 今でもかしく思いだされます。

でもけーこさんとの思い出はまだまだたくさんあるのです!

私もゆっくりとしたペースではありますが、

自分の感じた事などを一生懸命大好きなネタ作りを通して
今後も活き活きと表現していくつもりです。

本当にいつも心配ばっかりしてくれて、でもその表情
常に優しさに溢れていたけーこさん

たくさんの励まし勇気感動今日まで本当にありがとうございました。

またいつか どこかのえたらしいです!!その日まで…

味方はいつだって、きっと そばにいる。そっと見守っている。


とある場面で、(私の異変を察知した仲間が)、
そっと送ってくれた、たった一言のメッセージ

「楽しいこと だけ 考えよー

これほどココロに迫るメッセージは 無かった
                          





そして、あのパーティーから、
24時間と半日後・・・





                     
2008年11月3日 09:26

りんご:おでんまだあまってる!そろそろ食べちゃわないとな〜!

    んじゃ、とりあえずにかけてミシン走らせなくちゃ〜!!
                               
※ここからは歌です〜(笑)

Aメロ:「今日は1日ミシンを走らせる〜ぜ♪
     バリバリyo〜!ヨロシクyo〜!」

Bメロ「僕はりんご〜♪ しりとりなら勘弁してくれ!
     どうせ90%ゴリラ〜(笑)」

サビ:「ミシンが走る〜!メカがウナる〜!
    カユミにはウナコーワ〜(笑)
    走ったあとにはコカコーラ〜(爆)」

ブリッジ:「inox !!!
     リラックススラックスinox〜!」(爆)

                            チクタクチクタク・・・


りんごちゃん、ミシンに・・・



つい、


夢中になってしまう・・・(嫌な悪寒 笑)



あひ〜 ※がっ(笑) 私はこの時間、「ぐ○ま県民マラソン」なのでシッテルワケネ!(爆)

〜〜〜〜〜〜〜

「ミシンが走る〜!メカがウナる〜!
 カユミにはウナコーワ〜(笑)
 走ったあとにはコカコーラ〜」(まだ歌ってる 爆)


そして数十分経過・・・
アヒー!!! 家中バルサン晩餐館〜!!」(爆)

焼肉焼いても家焼くな〜!」(懐〜 笑)

※つか、おでん(笑)


が家中充満してら−!」
「虫さん一気に退散してらー!」(思わぬ効能 笑)
溶岩ゴロゴロ(笑) 「なので家中まだまだガスってら〜!」

「おかげで食いモン無いオレ ガス欠さー!」(爆)

※これはノンフィクションであり登場する人物、虫および
 黒こげ水ぜめオデンは事実と何ら相違ありません(笑)





そういえば、どうしてポクらは繋がったのだろう。

きっかけは、あまりにも自然すぎて 

もはや、思いおこそうとする事 自体が、不自然なのかもしれない。






気がつかないうちに 助けられてきた
数え切れない やさしさに 出会ってきた

いちどきりの 短いこの人生
どれだけの人たちと 出会えるんだろう

誰かが いつも 君を 見ている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
               
 小田和正「今日も どこかで」

これからも続いていくのであろう、ポクたちの未来。

歩む道は時に険しく、出口の見えない暗闇を彷徨う事もあるかもしれない。
でも、何事も諦めずに、自分が「ここだ!」と思う方向へ恐れずに進んでいこう。

うまくいく時も、そうじゃない時も、「仲間」と言う、かけがえのない存在は、
いつだって 誰かを 支え続けてゆくのだから。

ずっと支えてくれた仲間、そして応援してくれたたくさんの方に感謝の気持ちをこめて、「ありがとう。
                                2008/11/17 23:30 (鏑)パラダイス企画  えくんちょ                         

♪ウォ〜ウウォヲヲ〜 ウ〜イェエァッ!!
 しがらみからの日々を解除!! グワングワンと揺らすこの会場!!!

 ウォ〜ウウォヲヲ〜 ウ〜イェエァッ!!
 乗ってけガンガン音揺らして!! 踊ってけバンバン手 叩いて!!!

 ウォ〜ウウォヲヲ〜

控え室にイノッチカラガラ12時03分に辿り着いたえくんちょちん!
荷物の選別も終わらないまま、控え室にて不覚にも開会式の開始時刻を迎えてしまう(
不覚杉 笑)


メパンナ:「を〜ん えくんちょち」(お約束 爆)

えくんちょとメパンナは12時33分、ようやく外に 飛び出す!!

導入編「日本の寺1500選【1146広徳寺】」http://ekuncho.seesaa.net/article/108394177.html

ポクの脳○○の中身を見てくれー(いきなりグロいぉ 爆)

2008日本山岳耐久レースなんだけど、こんなに書いちゃう人って いまだかつて多分いないと思う(爆)という完走記、つかネタ(爆)